FC2ブログ

2009年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月



※このブログは2009年4月~2010年1月の記事です※


2010年2月より移設しました。


DavyStyle

http://davystyle.com/



こちらをご登録下さい。



2009.12.31(Thu)

さらば2009年

さあ、今年も残す所あと1日になった。大晦日ってヤツや。

今年1年のことについてはPodcastで話したから、来年への提言という形で書かせていただくか。


2010年には参議院選挙が控えている。今は民主党中心の連立政権、それも衆議院に関しては圧倒的多数の議席を持っている。だが、この参議院選挙前後で政界は大いに変動があるだろう。政界再編の動きがあるというわけだ。

今年の夏、国民は「政権交代」に大きな期待を寄せた。自民党に嫌気がさし、民主党に期待した。しかし、ここに来て、民主党への期待も低下している。さすがに、「前の方が良かった」という声は少数ではあるものの、喜んで民主党を支持できる状態にないことは明らかだろう。とはいえ、資本主義体制を否定する気はない。だから、共産党や社民党が大きく議席を伸ばすとは考えにくい。

自民でも民主でもない、第3の選択。

注目すべきは、みんなの党と公明党だ。

みんなの党のことは後述しよう。まずは、公明党だ。
総選挙後、自民党とは距離を置きつつある。「何でも反対」ではなく、「健全な野党」になろうとしている。やたらと審議拒否をするわけではない。しかし、いつまでも野党にいるわけにはいかない。ただでさえ存在感が薄いのに、野党だとなおさら埋没する危険性は高い。だからこそ、何らかの形で与党になろうとしている。では、どうしたら良いか。キーマンは「小沢一郎」だ。かつて新進党時代には、この男と一緒にやっていた。だから、全く考え方が合わないということはない。しかし、小沢の剛腕振りをしっているからこそ、多少のためらいはある。だが、そうも言ってはいられない。この男と組めば、与党に戻れるかもしれない。一方の小沢も、大した数も無いのにデカイ顔をしている与党2党にはうんざりしている。「参院選後も連立は維持する」と発言しているのは、本意ではなく、参院選前に余計なパフォーマンスをされ政権を乱して欲しくないからだ。だからこそ、そこそこの数を持っていて、なおかつ自分の思い通りになる政党が欲しいのだ。だから、公明党の動きには注目すると良い。

しかし、もっと政界再編の原動力となる政党がある。みんなの党だ。

といっても、みんなの党だけではない。

ここに面白い記事がある。

民主党「7奉行」が会合 小沢氏の居ぬ間に…
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091210/stt0912102344020-n1.htm


例の小沢氏が中国に行っていた時の話。民主党の「黄門様」である渡部恒三さんを囲む会合が開催された。渡部恒三さんは、最近は反小沢と言われている。「7奉行」とは、仙谷由人行政刷新担当相、岡田克也外相、前原誠司国土交通相、野田佳彦財務副大臣、玄葉光一郎衆院財務金融委員長、樽床伸二衆院環境委員長、枝野幸男元政調会長だ。民主党に中にある反小沢の派閥の主要メンバーだ。政策通が多いのがその特徴だ。民主党の中でも、もしかしたら彼らも政界再編の一翼を担うことになるかもしれない。

そして、自民党でも最近は離党者が続出している。今は徐々に流出している状況だが、参院選前後にはこれがもっと大きな規模で行われると予測出来る。特に、野党転落後の初の総裁選で敗れた河野陣営。いわゆる構造改革派の連中。河野太郎さんをはじめ、山本一太さんとかのメンバー。若い人たちが中心だ。先日離党した田村耕太郎さんも含め、みんなの党と連携する確率が極めて高い。そして、小泉チルドレンの落選組。彼らも重要だ。あと、舛添氏も何らかの動きがありそうだ。

彼らが皆、みんなの党に集まってくれて、渡辺喜美氏が総理大臣に就任してくれればこれ以上の喜びは無いが、なかなかそうもいかないだろう。しかし、このまま動かないということも考えにくい。新党乱立の可能性も含め、政界は波乱含みである。


みんなの党には大きな可能性がある。総選挙では、3週間程度の準備期間で、社民党に近い300万票を獲得できたのだ。自民党はイヤだ。しかし、民主党も胡散臭いと考える俺みたいな人たちの票が集まったといえる。今度の参院選には準備期間がたっぷりある。手弁当なので、資金は少ないが。2ケタ出せる可能性は、決して低くはない。

しかし、みんなの党のマニフェスト、あるいはスローガンも若干の修正が必要だ。今のままでは埋没しかねない。

衆院選時のマニフェストを掲載する。
http://www.your-party.jp/policy/manifest.shtml
http://www.your-party.jp/file/manifest200908.pdf

まず、スローガンキーワードの訂正が必要だ。
「脱官僚」「地域主権」「生活重視」となっている。前の2つは良い。しかし、「生活重視」はどこの政党も言っている。福祉国家とも捉えかねない。そこで、それを消し、「経済成長」とキーワードを置きかえるべきだ。

「脱官僚」「地域主権」「経済成長」。他党との差別化を図るためには、大衆迎合を止めるべきだ。経済成長に絞った方が良い。

・子育て手当を欧州並みに(2万円~3万円/人・月)。義務教育期間まで支給。

これは削除すべき。こんなことをしていては財政がもたない。これは旧来の児童手当で良い。

・地球環境問題で我が国が主導的役割を果たすため、日本の温室効果ガスの削減目標を、中期(2020年)▲25%、長期(2050年)▲80%に設定(90 年比)。今年末のCOP15に向け、米国はもちろん、中国、インド等の新興国、発展途上国も参加した実効的な排出削減メカニズムを構築。

これもマズイ。中国と同様、GDP比での削減目標とするべき。極端な温室効果ガスの削減は、家計を圧迫し、経済成長を鈍らせてしまう。環境ビジネスが盛んになるのは賛成だが、環境より経済を優先するべき。そもそも地球温暖化を科学的に本当に実証できているのか、少し怪しい面がある。


支持母体を作らないのは素晴らしい事だ。ただ、経団連との連携を深めるべきだ。経団連の主張を最大限マニフェストに反映させるのが良い。経済成長できなければ、この国は終わりだ。


税制面で、少し言いたいことがある。

所得税の最高税率を引き下げ、その分、資産課税を設けたらどうか。「金持ちには金を使わせろ」という原理。「金持ちから税金をたくさん取る」というのは大反対。だが、金持ちには消費をさせるべきだ。預金に課税するか、株や不動産を含むかは今正確なデータがないので答えられないが、とにかく資金の停滞を解消するために消費を促す政策をすべきだ。そして、贈与税を撤廃する。その代わり、相続税を100%にする。もちろん、このためには確実な社会保障が必要ではあるが、生前贈与を促進し、若い世代に金を使ってもらうことが必要。特に、住宅関連に関しては、何らかの減税措置をとるべき。あとは、法人税だね。25%以下にすべき。だが、一律はただ税収が減るだけ。特区を設けて、特区ごと産業を決めて減税すると良い。そうすれば、東京への一極集中も是正され、企業が各地方に分散するため、地方経済の活性化も期待できる。例えば、IT関連企業に関しては、長野県伊那地方に本社を置く企業は税率20%にするとか。もちろん、それにはその産業に適したインフラ整備が必要だけどね。この狭い国土の狭い地方に企業が集中するからややこしいことになる。


あと、借金を減らしていく計画も示す必要がある。鳩山政権は、日本の格付けまで下げている。ニュース記事にも出ていた。いい加減にして欲しい。余計なバラマキで、借金を増やして、俺たちにそのツケを回す。みんなの党にはそんなことはして欲しくない。とにかく、小さな政府。余計な金はばらまかない。高速道路もちゃんと料金を取る。子ども手当なんて配らない。子ども手当は、鳩山家だけで十分。とにかく、当面の目標は、プライマリーバランス(基礎的財政収支)の黒字化を目指す。5年以内だ。そこから、遅くとも2050年までにはチャラにして頂きたい。

教育の立て直しも必要。今の民主党政権の教育政策は、あの売国労組、日教組の影響力が強い。今日なんか、北教組が「竹島は韓国の領土」などと最低の発言をした。こんな売国組織は一刻も早く日本から追い出すべきだ。

子どもたちには、君が代・日の丸を尊重する教育。道徳教育を徹底させるべきだ。そして、今までの幕の内弁当教育、つまり全教科均等に伸ばす教育はやめる。それは小学校まで。中学からは、各自の専門分野に特化して、専門分野だけをひたすら伸ばす教育にシフトする。IT・金融教育を徹底し、国際競争に勝てる人材を育成する。センター試験の撤廃。それは、「全国常識力調査」でも行って、そのスコアも大学に一緒に提出するようにする。「道徳・社会・金融・IT」の4科目をテストする。そして、大学受験は、自分の専門分野だけの試験にする。菅副総理の「知恵、頭を使ってない。霞が関なんて成績が良かっただけで大ばかだ」発言も、「霞が関」を「東大生」に置き換えれば、納得できる。センター試験を5教科7科目もやらせて、2次試験の科目も多い。そんな「何でもできる人間」がいかに役に立たないかは、俺もよく見てきた。昔から「器用貧乏」「学生天下」と表現し、批判してきたが、自分の専門分野を持っていない人間は役立たず。特に、東大生のような「何でもできる人間」はプライドが高いので、「何もできない人間」よりも始末が悪い。クズ野郎という話だ。中には、本当に自分の足で歩き、自分の専門分野を持っている本物の「優秀な」人間もいることは間違いないがね。念のため。

静高でもいたよ。目先の利益にばかりとらわれ、大局で物事を捉えらえられない人間が。俺は、何かに特化した方がメシを食っていける確率が高いと判断したから、その大衆の考えには乗らなかったがね。


話は戻すが、日本も「何でメシを食っていくか」を決めるべきだ。「何でもできる国」は、結局の所、「何もできない国」で終わるのだ。

俺は、ITでメシを食っていくべきだと思う。これだけブロードバンド網の整備が進んでいて、教育のレベルも高い。広大な敷地を持っているわけではない。だから、「無形の産業」を伸ばすべきだと考える。ITはハード面やシステム面だけではない。日本はコンテンツが充実している。お隣の国みたいに、マネで生み出しているわけではない。せっかくのこの知的財産を無駄にすることはない。ビジネスとして、有効に活用すべきだ。



とりあえず、思いつく所はここまで。以上を、みんなの党に提案する。党員として提案する。


では、2009年、ありがとう。皆様にもお世話になりました。厚く御礼申し上げます。来年もDavyをよろしくお願い致します!!


さらば2009年ということで、レコード大賞で特別賞をとったAKB48の曲からこの1曲を流そう。
ノースリーブスの3人が歌っている「Bye Bye Bye」




よいお年をお迎え下さい。


スポンサーサイト



テーマ : 大学生日記 - ジャンル : 日記

02:28  |  メッセージ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.12.30(Wed)

執筆開始!

静岡はやっぱり落ち着くね。常に穏やかに日光が降り注ぐ。静岡県民、とくに中部の人たちがボーッとした性格をしているのもうなづける。こんな穏やかな街で、ジタバタ焦る方がおかしい。だから、勝負事には強くないんだけどね。勤勉ではあるものの、焦りや緊張感が全然無いから。だけど、これが良い所。いつまでも、そんな街であって欲しいね。

来年出版する本だけど、今日から執筆を開始した!前作は期限が迫っていて、結構焦って書いたからね。誤字脱字も多かったし、決して満足のいく作品とは言えなかった。だから、今回は、長い時間をかけてゆっくり書いていこうと思う。出版費用も稼がなきゃならんし、前途多難だがね。

構成としてはこんな感じにしようと思っている。

第1章 20年間の人生を振り返った自分史

第2章 俺の考え

第3章 ブログ傑作集

第4章 仲間たちへのコメント

第5章 仲間たちからのコメント


だから、実を言うと、皆様の協力が必要となる。寄稿という形でも対談という形でも良いので、ぜひ協力していただきたい。来年、ある程度構想ができた段階でお願いをすると思うので、できるだけ引き受けていただくと嬉しいです。よろしくお願い致します!!

何ページでも良いんだけど、レイアウト上、少なくとも1ページ分くらいの文章量は欲しいね。いくら何でも「二十歳の誕生日、おめでとうございます!これからも、頑張って下さい。」だけだと本にならんからね(笑)引き受けて下さった方に、完成した本を差し上げようと思っている。

内容としては、俺についてだったら何でも良い。ただ、後に残ることを考えていただければと思う。

俺としても、非常に完成が待ち遠しい。

テーマ : 大学生日記 - ジャンル : 日記

00:29  |  日常生活  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.12.29(Tue)

ジェットコースター

俺の周りにいると、とんでもないことが起きる。良いことも悪いことも、一般人の何倍もの規模で出来事が起こる。これは、俺の周囲の人なら、皆感じているだろう。

俺自身もそれに巻き込まれている。fqtという名前を手にしてから、どうも出来事の規模が大きくなったような気がする。平凡ではいられない、ある種の病気なのだ。
これを俺は「ジェットコースター」と呼んでいる。スリリングなんだけど、だいたいは安全であるという、ちょっとしたアトラクション。俺自身がそれを楽しんでいるのかもしれない。

あ、そうだ、FireFoxに戻しました!「ブックマークツールバー」機能を、恥ずかしながら、今日初めて発見したのだ。これで自分でボタンを作れば、 Operaと同じ機能が使える。開かなかったサイトも開く。Googleツールバーを消して、ブックマークツールバーを取り入れたのだ。

しかしながら、今日はなかなかパソコンが立ち上がらなかった。青い画面が出てきて、「Resistry Error」だか長い文章が出てきて、勝手に再起動してしまう。修復機能により何とか治ったが、どうやら何かが狂っている。サブとしての、ネットブックの購入を本格的に検討しなくてはならない。

あ、ちなみに、3世代に渡って使っていた2台前のパソコンの付属品のマウスの使用をやめ、新しくマウスを買った。結構長く使っていたので、色褪せてもいたし、スクロールが上手くいかなくなっていたのだ。

買った商品はコレ。

Wireless Mobile Mouse 4000 ストーン ブラック (D5D-00014)Wireless Mobile Mouse 4000 ストーン ブラック (D5D-00014)
(2009/09/11)
Array

商品詳細を見る


http://www.microsoft.com/japan/hardware/mouse/wi_mobile4000.mspx

最近、開発されたばかりのBlueTrackという技術を利用している製品で、確かにマウスパッドの上で無くてもマウスは動く。カーペットの上でも、膝の上でも、崖の上でも・・・


今日(28日)は、副会長ことboro氏の新しいパソコンを見せてもらうという名目で面会した。彼はVAIOを買って、Windows7である。なるほど、VAIOは映像系のソフトが充実している。Felicaポートもついているし。なかなか良い。

実を言うと、俺も今のDELLを買う時、VAIOも検討したのだ。当時はタイプTを買おうと思った。だが、自分でスペックを組んでいたら30万を超える高額商品となってしまったため、諦めたのだ。


ただ、この再会も波瀾万丈だった。

ドイツ系のレストランでお茶でも飲みながら見せてもらう予定だった。なぜ、その店を選んだかと言えば、無料の公衆無線LANのFREESPOTを利用できるからだ。FREESPOTには前からお世話になっていて、東京でもサピアタワーとかで使ったことがある。公衆無線LANは有料(月額制)のものが多く、フレッツ・スポットとかmzoneとかホットスポットとか、そういったものばかりだ。安価ではあるが、東京のような場所でかつネットブックを持ち歩く人間でないと契約する価値はない。だから、無料というのは極めて斬新だ。もっと広めるべきである。

しかし、行ったら、その店は休みだった。

だから、どうして良いかわからず、というよりも、ヤツにMP3プレーヤーを買わせるために、静岡でも有名な電気街(?)に行こうと思ったのだ。久し振りに静岡鉄道に乗り、県総合運動場まで行った。

静岡にもアキバのような電気街はある!(笑)

国吉田だ。電気街というよりも、ただ単にコジマの隣にヤマダがケンカを売るように出店しているだけ。




新静岡駅も新静岡センターの取り崩しで寂しい感じだった。2011年の秋に東急ハンズやシネコンを入れたビルが完成するらしい。それにしても、東急は静岡にかなり進出しているね。109もあるし。いっそのこと、静鉄は東急に買収されたらいい。LuLuCaとか訳のわからん電子マネーはやめて、PASMOを導入する。そうすれば、しずてつストアでもPASMOが使えるようになってくれるはず・・・(東急ストアではPASMOは使えないけど)。で、静岡鉄道静岡清水線を、東急静岡線にでも名前を変えると。そして、似たような東急の既存の路線、池上線や多摩川線で利用されている新型車両、7000系を導入する。3両だし、今の2両よりは良いだろう。車内にはデジタルサイネージも導入して。

ただ、静鉄もよくあるローカル路線よりよっぽどマシだ。普通、そんな田舎なら1時間に1本とか2本とかしか走らない。だが、昼間の時間帯も7本とか8本とか走っている。地方の路線にしては上出来だ。

車内でもboroと話していたわけだよ。いつものようにコーナーの席をとって、リュックサックを網棚の上に置いて、「いつもこうやって寝ているんやで。だけど、鉄パイプの位置がこんなに低かったら、寝られんわ。」とか言って。

そして、総合運動場で降りた。自動改札だが、普通にこれ改札通らずにでも乗れると思った。

ちなみに、今日はICOCAで乗った。静鉄では使えるんだな。なぜか、JR西日本の電子マネーが。皆さんも、静岡にお越しの際には、ICOCAをお持ち下さい。


で、コジマに着いてから、気がついた。あ、リュックサックが無い!!!

おそらく乗ったであろう電車の折り返しに乗れば、きっとまだ置いてあるはずと思い、とりあえず春日町に向かった。春日町は島式ホームなので、最も捕まえやすいからだ。

運動場の駅に着いた時には、電車の扉が閉まり、発車しようとしていた。東京の生活に慣れているので、「あ、無理か」と諦めていた。

すると、運転手が窓から顔を出し、「乗りますか?」ドアを開けてくれた。


IPPEIさん、静岡でもありましたよ、こういう文化!!地方の緩くて良い所です。

で、春日町で折り返し電車に乗り換え、網棚を見たが、無かった。それで、駅員のいる駅に行こうと思った。届けられているとすれば、無人駅はあり得ない。駅員のいる駅は、新静岡と新清水しかない。そこで、新清水に向かうことにした。

新清水に行くのは久し振りだ。小学校の時以来か。

そして、改札の駅員に聞くと、ちゃんと保管してくれていた。ありがとうございます!!!

せっかくなので、清水の街を歩くことにした。エスパルスドリームプラザへ行った。初めての事だ。



清水港に隣接しているだけあって、地元の海の名産がたくさん売っていた。懐かしい気分だった。さすがに土産は買わなかったが。


そこのタリーズでパソコンを見せてもらうことにした。忘れ物の件で振りまわしたお詫びに1杯おごることにした。いくら元公設秘書で、俺の人使いが荒いとはいえ、金銭面での損失をフォローしないわけにはいかない。ちょうどEdyで払えたので、良かった。だが、タリーズは、フレッツスポットmzoneは使えるけど、FREESPOTは使えないね。でも、boroはDoCoMoユーザーだから、mzoneの契約をすれば良いと思った。これからパソコンを持ち歩くならね。boroの大学でも使えるみたいだし。


暗くなったので、帰ることにした。無料バスが出ていたので、それでJR清水駅まで向かった。建て替えたらしく駅舎はスゴくキレイだった。が、周りに何もない・・・コンビニすらない・・・

東海道線で帰った。座席の1人分がゆったりしていて良いね。そんなに混まないし。ただ、静岡駅からは満員になったが。あ、ちなみに、いつも通り、モバイルSuicaで乗りました。多分、清水駅で携帯で改札を通る人は俺くらいしかいないかも(笑)一応、TOICAと相互利用できるようになっているから。


そんな感じで、レストランでパソコンを見せてもらうだけの予定が、波瀾万丈の大冒険になってしまった。boroには申し訳ないと思っている。

しかし、彼も承知の上かもしれない。Davyの周りにいると尋常ではないことばかりが起きるということは、想定内だったのかもしれない。ヤケに落ちついていた。
彼の高校生活の半分以上はfqtに振りまわされてきたからな。fqtの指示で会計で粉飾決算(?)させられ、とんでもない批判を受ける会長の下で副会長をやらせられ、fqtの個人的な秘書までさせられ・・・俺の友人は皆boro氏に同情している。というか、俺が非難の対象になる(笑)

いや、秘書といってもね、別に「こいつを秘書にしよう」と思ってやらせたわけではない。俺は、基本的に言葉遣いと人使いが荒い。たまたまそのとばっちりを最も受けてしまったというだけの話だ。逆らうと殴られるしね(笑)


ただ、2年前と比べて、ヤツが相当アクティブになったな、ということは感じたね。fqtという男と行動を共にして常識がズレたのか。嬉しかったね。

というのは、人生なんて、下手したら22歳で全てが決まってしまう。就職して、実直に同じ所で勤め上げて、65歳で退職して、少しの余生を楽しんで、死んでいく。多くの人はこのパターンになりがちだ。もちろん、そのモデルは素晴らしいとは思うし、そういう生き方も悪くないとは思う。ただ、俺に言わせれば、つまらないよね。22歳で人生の終わりまで読めてしまうなんて。人生って、不確実性を楽しんでいくストーリーだと思うから、死ぬまで良い意味で変化に富んでいる方が面白いじゃない?

そういう生き方をしたければ、アクティブになるしかないと思う。少年のような旺盛な好奇心を持ち続け、常に果敢に物事に挑んでいく。安全な道ばかりでなく、時には怪しい道も選択してみる。確かに、先の展開は読みづらくなるけど、歳をとってもカッコ良くいて、楽しみたかったら、アクティブになるしかない。そんなヤツが俺の周りに1人増えるというのは、非常に喜ばしい事だ。

いや、高2の時に会った時は、なんか適当に静岡市役所の職員にでもなって大して出世もせずに終わりそうな感じがしたからね(笑)それが今じゃ、東京で働きたいといって、あれこれ手を出すようになったんだから、今後がスゴイ楽しみだよね。


俺も偉そうにこんなこと言っているけど、それは俺自身がそうだったから。中学までは、既定路線というか、将来がつまらない感じだったからね。それが、政経塾ショックで生まれ変わって人生が楽しくなったんだからな。何か、過去の俺を見ているみたいでさ。真面目にコツコツ物事に取り組む所とかね。昔の俺がそうだった。そういう人は、ある情報さえ手に入ればレバレッジが効いて、素晴らしいパフォーマンスを上げることができる。だからこそ、情報収集機である俺は、自分の持っているものなら全て提供したいと思うわけ。別に奉仕の気持ちなんかじゃない。あくまでコンサルティングの練習と周囲環境の底上げのためなんだけど。



そうそう。彼に紹介した本で、なかなか良い本がある。

就職ジャーナル金融ビジネス読本 (リクルートムック)就職ジャーナル金融ビジネス読本 (リクルートムック)
(2009/12/04)
不明

商品詳細を見る


就職に役立つ情報満載の本。金融関係の会社について、1つ1つ詳しく解説してある。結構充実しているのに、450円という安さ。文系の人は必読である。

ある程度のレベル以上の大学で社会科学系の学部に通っている人は、就職しようと思ったら、金融関係の会社を避けて通るわけにはいかない。第1志望ではなくとも、金融関係を除外したら、条件の悪い会社しか残らなくなり、選択肢が大幅に狭まる。だから、好きでも嫌いでも金融の知識は頭に入れておかなければならない。

1年の時から意識をしておくことで、2年後の就職活動時には、他の人と差をつけることができる。意識を持って大学生活を送ってきたヤツとそうでないヤツの差は、大きく開くことになる。

就職活動だけではない。何事もそうだ。

よく俺が知識があるように言う人がいるけど、別に俺は勤勉な人間じゃない。ただ、意識を持って生活してきただけ。意識を持って生活すれば、色々な情報が頭に入ってくる。教科書を読んで得た知識は忘れても、自分が好きで調べた情報は頭に残る。ただ、俺は「どこへ進みたいか」を常に自問自答して生きてきただけの話。大学名も資格も単なる手段に過ぎない。


「何ができるか」なんて興味がない。
「お前は何をしたいのか?」興味があるのはそれだけだ。

したけりゃすればいい。したくなけりゃしなければいい。


他人がくれるものだけを、ただ口を開けて待っているような奴に、進む道はないよ。

あと、現実を見ないでロマンだけを語る奴にも、進む道はないよ。


来年、boroに会った時にアクティブさで負けないように、俺も頑張らんとな。

テーマ : 大学生日記 - ジャンル : 日記

03:32  |  日常生活  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.12.27(Sun)

喜びと悲しみ

まず、喜びから。

モバイルSuicaがオートチャージ対応 3月から
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0912/22/news097.html


JR資料
http://www.jreast.co.jp/press/2009/20091218.pdf


やっとか!という思い。3,4日前にこの事を知ったが、嬉しかったね。WAONにできてSuicaにできないことはないだろ!という思いだった。WAONは相当便利だからね。俺はイオンカードを持っているからできるんだけど。3000円未満になると勝手にチャージされるからね。オートチャージは特におさいふケータイユーザーは必須だろ。本当なら、ポストペイ型にして欲しいくらいだ。

Suica使用の頻度は高いからね。俺みたいにJR駅の近くに住んでいると特に。明治大学なら特に(笑)

しかもTOICAにも電子マネー機能が加わるらしいから、静岡に帰ってきても使える。静岡駅構内では。


あとはEdyだね。Edyも使用頻度はかなり高いから、これも一刻も早くオートチャージにしてくれないと困る!チャージが面倒だ。

吉野家もすき家もオリナスも、全て電子マネーにしてくれれば、これほどありがたいことはない。ハッキリ言って、ゆくゆくは現金を廃止すべきとすら考える。特に紙幣。老朽化で破れてしまうこともある。銀行に行けば変えてくれるだろうが、そんな不安定なものをいつまでも使用しているのはいかがなものか。

とはいえ、やっぱり現金は必要だ。しかし、商店を営む際には、必ず電子マネーとクレジットカードの端末を設置するよう、国で義務付けるべきだ。交通機関も同じ。

とりあえず、一刻も早くVIEWカードを作った方が良い。もちろんiiマークがあれば良い。年会費を掛けたくないなら、イオンにするか、銀行のキャッシュカードとの兼用カードにすると良い。みずほでも三菱UFJでも三井住友でも。ちなみに、どこで作ってもEdyチャージにも対応している。QUICPayも付けたければ、みずほがいい。

ただし!

みずほは18歳からOKだが、三菱と三井は20歳以上という制限がある。それと、三井は年会費がかかる。要注意!



では、悲しみの方。

テレ朝の長寿番組「サンプロ」、来年3月終了
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091225-OYT1T00923.htm


なぜ、あれだけのクォリティの高い番組を潰すのか!悲しいね。
政治家も恐れる番組だ。「本人」が出演し、田原さんが痛い所をつく痛快な番組だ。ジャーナリストのレベルも高い。日曜討論のようにゆったり議論をしてはいられない。

テレビ朝日、というか朝日系列にしては珍しく、左翼的な面が少なく、バランスのとれた番組だ。毎週楽しみにしていたし、政経で全国トップクラスまで上り詰めることができたのは、サンプロのおかげだ。

どうも、経費節減のために、自社アナウンサーを採用するために、番組を潰すらしい。

本当に悲しい始末だ。絶対に次の番組はコケると確信する。

自社アナウンサーを使いたいなら、サンプロではなく、報道ステーションに手を付けるべき。古館をやめさせるべき。

元日は朝まで生テレビだ。それを楽しみにしたい。


テーマ : 大学生日記 - ジャンル : 日記

00:58  |  ニュース  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.12.26(Sat)

京葉クリスマス

メリークリスマス!って遅いか(笑)

25日。クリスマス。ロンリークリスマス。
帰静前に俺はカメラを持って、1日乗車券を持って、旅に出ることにした。

では、クリスマスソングでも聴きながら、楽しんでいただこうか。

おなじみ、山下達郎。Christmasといったら、これだろう。


そして、桑田さんの「白い恋人たち」


あともう1曲と言いたいのだが、先にこれを聞いて欲しい。東海道新幹線を利用したことがある人ならご存知だろう。今のTOKIOの「AMBITIOUS JAPAN」じゃなくて、昔の曲。品川駅がまだできる前。


実は、上の曲もクリスマスソング。下の曲からとってきたみたい。




年末の大掃除を終えた俺は、キャリーバックを片手に、バスで錦糸町駅に向かう。そして、券売機で「都区内パス」を買う。JR東日本の都区内専用の1日乗車券。

総武線快速で東京駅へ。総武線快速は、いつ見ても、キャリーバックやスーツケースを持った人たちばかりだ。成田空港にも接しているし、東京から新幹線の利用者もいるし、品川で京急に乗り換えれば羽田空港にも行ける。グリーン車があるのもうなづける。

東京駅のコインロッカーに荷物を入れ、旅に出る。目指すは京葉線ホーム。いつも思うのだが、京葉線のホームは遠過ぎる。延伸して、渋谷駅にでも接続した方が良いのではないか。東横線乗り入れとかで。東京駅乗換はあまりに不便過ぎる。

各停に乗って、目指すはココ。



といっても、ここは都区内ではない。乗り越し精算だ。

ここにあるものは、といえば・・・?




東京ディズニーリゾート!

東京ディズニーランド。


東京ディズニーシー。


Davyに最も似合わない場所!(笑)


基本的に混んでる印象しかないんだよ。小さい時によく連れて行ってもらったんだけど、アトラクションの思い出はないね。まだシーもなかった頃だな。記憶にあるのは、ミッキーのオレンジのアイスの思い出くらい。

女の子は結構好きだよね。確かPodcastでともともの2人がクリスマスに行くとか言ってた。AKBの板野友美さん河西智美さんね。2人に会えると期待して行ったというのもあるんだけど(笑)イブに原宿のアメーバスタジオに行きそびれたからね。カップルで行くには良い場所だな。

建物も西洋風で、どことなく舞浜駅周辺だけが隔離されている。異次元の世界へ招待みたいな。チケットは高いけどな。オリエンタルランドもうまい商売するもんや。






さすがに中には入らないよ。クリスマスに革ジャン着て怖い顔しているオッサンが1人でディズニーランドに入ったら、悲し過ぎるやろ(笑)

来年は・・・どうなるかな?また1人でゲートの前で写真を撮っていたりしてな(笑)





あれ、ディズニーランドにしてはやけにチープじゃないかい?

ここはTDRではない。これは、東京都内だ。



舞浜のお隣。葛西臨海公園。ここもデートスポットとして素晴らしい。普通に来ても素晴らしいが。

噴水が天にまで伸びる。ポツンと大きな観覧車が見える。

葛西臨海公園のお隣、新木場を降りると同じような巨大な公園がある。ウチの区の、夢の島公園だ。あれも素晴らしいが、夢の島よりは海と戯れるチャンスが多いのが、葛西臨海公園だ。


だから、彼女がいる人でデートスポットに困ったら、とりあえず、京葉線に乗ればいい。京葉線なら色々見るものがある。

越中島で降りて、佃の景色を楽しみ、月島でもんじゃ焼きを食べるのも良し。


新木場で夢の島公園で植物館を見るも良し。


葛西臨海公園で波と遊ぶのも良し。足洗い場もちゃんとある。


舞浜でTDRを楽しんだら最高だ。


新浦安での買い物も悪くない。


市川塩浜には野鳥の楽園がある。Amazonの配送センターもある(笑)


南船橋はIKEAや巨大なららぽーとがある。競馬場やオートレース場もある。


新習志野ではインテリア系が良い。


海浜幕張はアウトレットモールやマリンスタジアム。幕張メッセもある。


これより先も検見川浜、稲毛海岸、千葉みなと、蘇我もショッピングを楽しめる場所は各駅ごとにある。それも、結構ダイナミックに、だ。観光スポットもある。京葉線の本数が少ないのが本当に残念ではあるが。これほどデートに充実した路線はない。
デートスポットで困ったら、「京葉線に乗って、適当な所で降りろ!」


話を戻そう。葛西臨海公園の話だった。






いかにも海浜公園らしいだろう。1人で来てもなかなか味わい深い。

俺は昔から、何か悩んだり行き詰ったりした時には、海を見に行くようにしていた。高校時代のサボって砂浜で昼寝していた時もそう。何か殻を破りたくて、お台場の波を見に行った時もそう。人生の道に迷って慰め、励ましてもらった神戸の海もそう。Davyを語る際に、海岸というキーワードは欠かせない。



もうこの時は夕方だった。こんなに影が長い。



水鳥に話しかけたりもした。穏やかな気持ちにさせてくれる。



波がキレイに形を作っている。




「西の空が哀しく燃えている いっそこの心に火をつけておくれ
 一度だけの人生だからこそ 世界一の花火打ち上げたい」



西なぎさの先端で撮った写真。沈みゆく夕陽が俺に微笑みかける。

「お前の人生、それでいいんだ!」とね。




新たな一筋の光を見つけた俺は、葛西臨海公園を去ることにした。


予定なら、金町・亀有・綾瀬に行く予定だった。住宅地としてどうなのか、常磐線各停は本当に不便過ぎるのかを確かめる予定だった。しかし、写真でもおわかりだと思うが、日が沈み、もうすぐ暗くなる。これでは調査にならない。

京葉線の東京駅はもううんざりなので、総武線快速で帰ろうと思った。E217系のボックス席を占領したいと思った。

それで、武蔵野線直通電車で西船橋まで行き、総武線各停で津田沼まで出る。



そう。俺は交通的にも買物的にも便利なこの津田沼に住もうとしていたんだね。もっと便利な所に住めたから良いが。


ちょうど津田沼始発の電車が来た。ラッキーだった。最後尾11号車に乗った甲斐あって、ボックス席を占領できた。結論を言えば、ほとんど人は乗ってこなかった。景色を独占しながら帰る。

自分が住む、亀戸を通過した。じゃあな、また来るよ。

自分が住む、錦糸町に停車した。また来年な!

そして、新日本橋で俺は降りた。


三越で堂島ロールを買ってから帰ろうと思った、ロールケーキの大御所、堂島ロールを土産に持って帰りたかったのだ。新館の方にあることがわかったので行ったが、既に売り切れだった。

メトロリンクで東京駅まで行き、大丸で買おうと思った。しかし、大丸は人、人、人。洋菓子店はどこも長蛇の列。そうだ、今日はクリスマスだった!それに金曜日の夜!ケーキを片手に、帰省をしよう、家族と楽しもうとする人ばかりだった。

GRANSTAに入っても同じことだった。しかし、なんとかレアチーズを買った。生では無かったが。生を買おうと思ってしばらく他の店を見ている間に売り切れてしまったのだ。


そして、コインロッカーから荷物を出し、ひかりに乗って帰った。


静岡駅前もイルミネーションがキレイだった。



駅前のビルの背も高くなっていた。来年春の開業が楽しみだ。


というわけで、静岡に帰ってきました。2週間の滞在だ。

よろしく!

テーマ : 大学生日記 - ジャンル : 日記

02:39  |  観光  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.12.24(Thu)

Podcast更新情報 12月24日号

Davy Fujinamiが送るPodcast 「Punk Rock Style」、更新しました。

「2009年を振り返って」
音楽中心番組です。2009年を振り返ったトークです。今年も、ありがとうございました!!

①itunes
http://itunes.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewPodcast?id=309860007

②ストリーミング
http://davycast.seesaa.net/


③Skydriveは「Read More」をクリック



テーマ : 大学生日記 - ジャンル : 日記

00:00  |  更新情報  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.12.20(Sun)

成り上がり

「成り上がり」 (by Wikipedia)
急激に身分の低い者が出世したり、貧民が富豪になる事。そのような者を成り上がり者と呼ぶ。多くの場合嫌味として使われる。蔑視、あるいは妬みの意味合いが強い。

これに関連する言葉として「成金」がある。

「成金」 (by Wikipedia)
(2)庶民や貧困層が、急に莫大な金銭や財産を持つ富裕層に変化する現象(即ち成り上がり者、アップスタート)を指す。
元来「成金」の語は、庶民や貧困層から富裕層に転じた人への賞賛の語として用いられていた。しかし戦後の混乱期に俄かに財をなして富裕層となった者への反感が一般に強かったことから、現在では、その当人以外が発する場合は、俄かに富裕層になった者への皮肉や非難や侮蔑のニュアンスで用いられるのが通例である。金にものを言わせて傲慢で態度が悪い人を指して「成金」などと皮肉・侮蔑的に呼ぶ場合などである。また、「成金趣味」という言い方もあり、金銭にあかして派手、高尚な趣味を理解していないのにそれを真似ようとして失敗している、趣味が悪いといった否定的な意味に使われる言葉である。
当人が自らのライフスタイルをそう呼称する場合は感慨や謙遜が入り交じった感情が含まれることが多い。



Davyはよく、「成金的思想」と言われることが多い。高校時代、つけていたゴールドの太いネックレス、ゴールドのベルトを見て、「成金」というヤツもいた。

おそらく、否定的な意味でこう表現したのだろう。しかし、俺にとっては否定的どころか、むしろ賞賛のように聞こえた。

「成り上がり」いいじゃねぇか。「絶望からのレジスタンス」。まさにDavyそのものだ。


最近、矢沢永吉さんに注目している。電車の中で本も読んだ。

成りあがり How to be BIG―矢沢永吉激論集 (角川文庫)成りあがり How to be BIG―矢沢永吉激論集 (角川文庫)
(2004/04)
矢沢 永吉

商品詳細を見る


アー・ユー・ハッピー? (角川文庫)アー・ユー・ハッピー? (角川文庫)
(2004/04)
矢沢 永吉

商品詳細を見る



「DavyはHOTEIからYAZAWAへ移ったのか?」と言われそうだ。

そうではない。HOTEIに対する尊敬は変わらない。しかし、ある種の物足りなさを感じていることは否めない。多分、歳を重ねたからかもしれないが、最近の布袋さんは音楽に対するエネルギーは感じられるが、あまりにジェントルマンになり過ぎて、レジスタンスが感じられない。AVANT-GARDEではあるが、なんとなく昔と違ってレジスタンスがないように思う。「落ち着きがある」と言うべきか。

そこで、レジスタンスが欲しくなった。それをエネルギーにしたかった。だから、矢沢さんの映画を見に行ったのだ。


矢沢さんは、レジスタンスの師匠として最適だった。

両親がいない貧しい環境でした、「金持ちになってやる」という決意。
自分が上に行くためには、平気でバンドメンバーを切る冷酷さ。
スターとして言いたい事をハッキリ言う勇気。その自覚。
オーストラリアでの35億円の詐欺にも勝ち、借金も返した。

詳しくは本を読んでもらいたい。2冊とも読んでもらいたい。


そして、若い時から彼は人生について語ってきた。本人は「生意気に能書き言っていた」みたいなことをおっしゃっているが、本当に素晴らしい言葉の数々だと思う。

再生リストにしてまとめてみたから、ぜひ見てほしい。



俺は思うな。若い時に生意気に能書きを言えないヤツが、歳をとって人生を語った時に深い言葉が出てくるはずがないとね。おそらく、俺も「能書き言ってるヤツ」に分類されるんだろうけどさ、深く考えて悩んで初めて言葉が出てくるわけで、若い時にそういうプロセスを体験していないヤツに歳をとった時にあれこれ言われても、説得力なんかありゃしない。

文句言ったり、批判するつもりはないんだけど、俺の周りの連中はいいヤツばっかだ。将来、成功しそうなヤツばかり。素晴らしい連中だ。だけど、あえて言わせてもらうならば、俺より熱いヤツはいないと思うんだな。熱く語れるヤツが思い当たらない。「俺はこう思ってる!」ってスバッ!って言えるヤツが今の俺らの世代の連中には少ないと思うな。いや、俺の周りはまだマシかもしれない。問い詰めれば、それなりに答えが出てくるから。だけど、そこらへんの若者はもっと悲惨だよな。「脳無し」と言ったら言い過ぎかもわからんが、何も考えがないんじゃないかと思うね。

高学歴の人間って、2パターンに分かれる。1つは本当に自分の考えの芯を持っていて、自分の言葉で語れる人間。もう1つは、他人から教えられること、学校で与えられるものを覚えたり解いたりする能力には長けているが、「じゃ、お前はどう思う?」って聞いても答えが出ないヤツ。あるいは、どこかで聞いたセリフをオウムのように繰り返すヤツ。

静高という環境にいたからよくわかるんだけど、後者が圧倒的に多い。わかりやすい例えを上げれば、何か発表する時に、全て文章にした紙を持ちこんでニュースキャスターのように読んでいたり、暗記したりして臨むヤツ。自分の言葉で語れないんだよね。

その方が「カッコイイ」と思ってやっているのかもしれないね、彼らは。自分の言葉で語ろうとすると、「えーと」「あのー」「うーん」「そうですね」が増えるから。だけど、突っ込まれると困るわけよ。質問されると答えられない。自分の頭で考えて、自分の言葉でしゃべっていないから。冷凍食品と生の料理の違いみたいなもので、新鮮味、リアリティーが無いんだよね。

「官僚の作った作文を読んでいるだけ」は何も政治家に限った話ではない。国民の多くがその病に冒されている。「不器用さを見せたくない」という気持ちがあり過ぎてね。
「自分の頭で考え、自分の言葉で話す」というのも、1つのレジスタンスだ。必ずしも、常識で言われていることと同じ答えが出るはずがない。そういった「常識破り」の言動をするわけだから、それはレジスタンスだよ。

イチローにしてもYAZAWAにしても、成功者に共通していることと言えば、「レジスタンス」があることなんだよな。現状に対するレジスタンス。境遇に対するレジスタンス。体制に対するレジスタンス。大勢に対するレジスタンス。


本物の成功者にフェイクはいない。模倣者はいないんだよ。

そりゃ、成功者の要素をマネする、学ぶ、盗むということは大いにすべき。だけど、成功者の足跡をそのままたどって行っても、その成功者と同じ成功はしない。

むしろ、他人と違った事、他人がやらない事をするヤツの方が成功する。他人がやっていないということは、その先にフロンティアがデッカク存在しているわけだ。フロンティアには大金が落ちている。だが、怖いだろう。だからこそ、そのフロンティアに果敢に突っ込んでいくことに価値がある。それが、フロンティアスピリッツだ。


あとやっぱり、成り上がってやろうとするヤツがいないよね。いや、思っているかもしれないが、口にできるヤツがいない。「天下取ったるんじゃ、ボケ!」と言える人間がいない。これじゃ、年寄り世代に「今の若者には夢がない」と言われても仕方ないよ。

テレビとかで、「今の若者はかわいそうだ」「今の若者には夢や希望がない」と言われると、俺は本当に腹が立つ。「ふざけんな!ここに夢も希望もデッカク持っとるヤツがいるんじゃ!どこ見とるんじゃ、ボケ!」そう言いたいね。

だけど、そう言われるのもわからないでもない。今の若い世代、だらしないよ。「いや、僕なんか・・・」「どうせ、私なんて・・・」そんな話しか聞かない。夢を持ってるかと思って話をよく聞くと、偏差値だけの話をする。アホか!高校も大学も単なる教育機関なんじゃ!テメェのパフォーマンスはそんな所で終わりなんかい!東大がナンボのもんじゃ!親が金かけてきたから、行かせてもらえてるだけだろうが!早稲田がナンボのもんじゃ!受験料のぼったくり大学が!

東大生も早大生も罪は無い。俺が言いたいのは、学歴にすがって生きてるヤツをカッコ悪いと思うだけ。偏差値で人間の価値を決めてるヤツがアホだと思うだけ。お前は、自分の「ものさし」まで他人と同じものをチマチマ使うのかって話。


そんな話じゃなくて、成り上がってやる!上の連中を潰してやる!俺が頂点に立ってやる!となぜ言えないのかって話なんだよ。なぜ、テメーの頭で物事を考えられないんだって話。なぜ、他人のものさしにすがって生きているのかって話。なぜ、自分の言葉で堂々としゃべれないんだって話。


いや、俺だって怖いよ。他人と違うことを堂々と言うのは。

コテンパンに批判されるよ。
人格まで誹謗中傷されるよ。
後ろ指さされて生きていくことになるんだよ。
彼女とかできないよ(笑)

でも、自分のIDENTITYを失うことの方が、もっと怖い。
自分が誰かのマリオネットになることの方が、もっと怖い。
自分の人生を他人に支配されたくない。

だから、戦うんだ。たとえ、誰に何を言われようが、自分の意志を貫く。
時には、親まで敵に回すことになる。時には、友人まで敵に回すことになる。


そんなことを、矢沢さんのおかげで、思い出すことができた。

いくつになっても、同じことを語っていたいし、同じスタンスでいたいよね。


俺みたいな「嫌われ者」は丸くなってはいけない。丸くなっても誰も助けてくれない。
同窓会にすら、行けないんだよ。嫌われ者だから。

実は、つい数年前まで、女性にモテない、彼女ができない理由を「外見のせい」だと思い込んでいた。

しかし、それ以上の理由に気付いた。

女性の多くは、「周りとの調和」を大切にする。争うくらいなら、自分が折れることを選ぶ傾向にある。
しかし、「レジスタンス」はそれと対極の位置にある。そんなものを好むわけがない。

しかし、矢沢さんも布袋さんもモテる。奥さんがいる。
なぜか?女性と接する時には、レジスタンスの牙を家に置いて出掛けたからだ。

不器用な男にはできない芸当だ。


「草食系男子」は女性から批判されることも少なくない。「女々しい」「弱々しい」と言われる。
しかし、よく分析すると、「草食的要素」をなんだかんだ言って求めていると思う。身近でモテる友人を見る限り、草食系過ぎることはないが、草食系の要素は持ち合わせている。よく女を連れまわしているチャラいヤツで「這い上がってやろう!成り上がってやろう!」と叫んでいるヤツを見た事はない。職人タイプとは対極にある。


だけど、俺はこれで良かったと思う。俺は「レジスタンス」な姿勢でいる時が、最も充実している。俺からレジスタンスを奪ったら、何も価値はない。

永ちゃん、ありがとう!俺、絶対、成り上がったるからな!負けへんぞ!!

テーマ : 大学生日記 - ジャンル : 日記

00:24  |  俺スタイル  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.12.15(Tue)

くたばれ、イーバンク!!

今年の9月にこんな記事を書いた。

イーバンク銀行の改悪は最悪!
http://dailydavy.blog56.fc2.com/blog-entry-114.html


イーバンク銀行の改悪である。「いい加減にしろ!」と怒鳴ったこの出来事。同じくイーバンクの利用者であるIPPEIさんもこのことには憤慨した。

そして、今日、こんなメールがきた。



1.イーバンクマネーカード(クラシック)のVisaデビット機能終了について

 (1)2010年4月1日以降、Visaデビット機能(※1)をご利用いただけなく
    なります。
 (2)2010年2月22日以降、新規および再発行の申込ができなくなります。

 (重要)キャッシュカード機能は、2010年4月1日以降も引き続き、
     カードに記載の有効期限の間、ご利用いただけます。

 (重要)イーバンクマネーカード(ゴールド)、イーバンクマネーカード
     (クラシックプレミアム)は、引き続きVisaデビット機能を
     ご利用いただけます。


イーバンクマネーカード(クラシック)をお持ちのお客さまで、2010年4月1日
以降も引き続き、Visaデビット機能の利用をご希望のお客さまは、こちらから
お申込をお願いいたします。
http://www.ebank.co.jp/p_layer/rd/mm/2009/1215/14.html



高校の時に愛用していたVISAデビットが使えなくなるそうだ。今はクレジットカードが何枚もあるから使ってはいないが、クレジットカードが使えない高校生にとっては貴重なアイテムであった。それが無くなるという。

しかも、無くなるのはクラシックだけ。つまり、年会費無料のキャッシュカードのみ使えなくなるという。クラシックカードでもプレミアム(年会費1000円)にすれば使えるという。

VISAに払う手数料の関係か何かわからないけど、やっぱり楽天が買収してからおかしくなった。利益第一主義になって、顧客の扱いがひどくなった。楽天は何でもそう。自分たちの利益を向上させることだけを考えている。顧客なんかどうでも良いのだ。

ソフトバンクモバイルを見習え!いくら自分たちの財務状況が悪化しようが、身を削ってでも、顧客の利益に貢献しようとしている。料金の値下げを勇気を持って行う。IPPEIさんに言わせれば、設備投資ができていないとかヤフオクで機体が買えないとか問題はあるようであるが、俺はそんなものは求めていない。ソフトバンク同士は基本的に通話料を取らないし、サービスは革新的。Yahooとの連携も良い。パケット代をもっと減額してくれればもっと良いが。その点はウィルコムに負けてるな。それでも、ソフトバンクに押されしぶしぶ値下げに踏み切った、「天下り」2社とは大違い。孫正義は素晴らしい!


携帯の話はどうでも良い。イーバンクに戻そう。

つまり、これは、年会費無料のクラシックの人間を年会費がかかるプレミアムをつけさせようという楽天の陰謀。

「三木谷の生活が第一。」

楽天社内にはこんなポスターが貼ってあるのだろうか?先日、何も問題がない友人が楽天カードの審査に落ちたようだし。

つまり、楽天はキャンペーンだけ大々的に打っておいて人を集め、利用額が少ないと見込まれる学生は除外するという事だ。やっと謎が解けた。
でなければ、イーバンクのATM手数料無料回数が、預金残高に応じて変わるように改悪されるわけがない。これは楽天になってからだ。

もし、ライブドア(当時はエッジ)が買ったままだったら、こんなことになっただろうか?おそらくなるはずがない。

楽天は泥棒だ。ライブドアフェニックスが決まっていた仙台に乱入し、オーナー会議に媚売って、権利を横取りしていく。年寄り経営者は堀江批判はしても、三木谷批判はしないだろう?それは、三木谷が老人クラブにペコペコ頭を下げて、媚売ってるからだ。ベンチャー企業として失格だ。俺はあの時から三木谷が嫌いなのだ。さすが、第一勧銀出身だ。世の中がよくわかっているじゃないか(皮肉)

いや、三木谷がいたのは、「第一勧銀」ではなく、「営利第一」勧銀だったのかな?(笑)

営利目的丸出し企業のせいで、俺は銀行口座を1つ失うことになった。完全に愛想が尽きた。さっき、預金を全てソニー銀行に移した。本当はそのまま引き出したかったが、解約するにも「本人他銀行口座への振込が必要なので、振込手数料がかかる」そうなので、癪に障るので全てソニーに移した。もちろん、振込手数料を払ってね。あんな銀行に預けていたら、いつ自分の資産が無くなるかわからないから、早めに引き上げておこうと思ってね。

ぼったくり銀行、営利目的第一企業とはもうさらばだ。くたばれ、イーバンク!


年明けには住信SBI銀行に口座を作る。ATM手数料原則無料、振込手数料月3回まで無料で、SBIカード、SBI証券との連携も良い銀行にね。金利も高い銀行に。

こうやって自分の身を削ってでも顧客のためにサービスを向上させようとする企業には涙が出る思いだ。手数料が高いのに、わざわざクレジットカード端末や電子マネー端末を置いてくれている店にも同じ思いだ。本当に、心から「ありがとう」と言いたくなる。俺が、現金だけしか使えない店をなかなか利用しないというのは、こういうことだ。

いかにお客様のことを考えるか。そんな男気を感じると、自然とその店に金を落としたくなるもんだよ。たかがバイトで、給料以上のパフォーマンスをあげようと頑張ったのも同じこと。


俺は良い。ただ、気掛かりなのが、今後の高校生。もうVISAデビットを無料で使えるのは、「スルガ銀行」だけ。

http://www.surugabank.co.jp/surugabank/kojin/service/benri/ic_card/


このスルガ銀行というのもなかなかAVANT-GARDEで、色々提携したサービスがある。自分に合った支店を選んで使えば良い。

http://www.surugabank.co.jp/surugabank/kojin/internet/

スルガ銀行は静岡の銀行だが、こういったインターネット支店ならそんなの関係ない。全国どこにいても同じだ。

高校生で純粋にVISAデビットだけを使いたいなら、ここが良いだろう。

http://www.surugabank.co.jp/my/

だが、俺がオススメするのはANA支店だ。

http://www.surugabank.co.jp/ana/

高校生ならおさいふケータイのEdyを使うのは厳しいだろう。クレジットチャージが使えないだろうし。チャージャーもそんなにたくさんはない。それなら、ANAにEdyがついたこのカードが良いだろう。



ちなみに、今日本屋でこんな本を見つけた。

クレジットカード&電子マネーポイント活用ガイド (LOCUS MOOK)クレジットカード&電子マネーポイント活用ガイド (LOCUS MOOK)
(2009/12/04)
不明

商品詳細を見る


最近発売された本なので、最新情報が満載だ。クレジットカードや電子マネーについて基本から解説してある。表紙にも書かれているが、「キャッシュで払ったら大損です!」これを言いたいね。

俺も読んでもう1度勉強しようと思う。


テーマ : 大学生日記 - ジャンル : 日記

18:00  |  ニュース  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.12.14(Mon)

Midnight Cycling

色々忙しくしていたせいか、書くのが遅くなってしまった。気晴らし程度に書いていこうと思う。

このブログ初登場のcunh氏と10日(木)に面会した。Skypeでの会話は度々あったものの、実際にお会いするのは高校時代以来である。昼食を彼の行きつけの六本木のレストランで済ませ、我々は北千住へ向かった。彼の引越先検討といいつつ、俺の街調査だった。

六本木から日比谷線で恵比寿へ。メトロで最も嫌いな路線、日比谷線。幸い、日比谷線の車両ではなく、東武伊勢崎線各停の車両が来たので助かった。半蔵門線にもたまに来る車両だが、そんなに悪くない車両である。恵比寿で降り、湘南新宿ラインへ。これまた久し振りの東海道線の車両。新宿を過ぎるとボックス席が空いたので、こちらに来て初めてボックス席に座った。やはり景色をよく見れるという点でボックス席は優れている。通勤車両には向かないが、湘南新宿ラインのような長距離列車には適しているだろう。そう考えれば、久喜から中央林間までの電車も十分長距離列車なのだが。

赤羽で降りた。改札は出なかったが。なぜわざわざ赤羽まで来たかといえば、赤羽も移設先の候補だからだ。




大きな地図で見る

Yahoo地図で鮮明な航空写真を見ていただくのも良いだろう。
Google地図でストリートビューを見ていただくのも良いだろう。
そう思って2つ載せた。

ご覧の通り、駅前にはイトーヨーカドー、ダイエー、西友とスーパーが多い。その他商業施設も充実している。荒川を渡った一駅隣の川口に行けば、そごうもあるし、ザ・プライスもある。少し歩くが、Arioもある。素晴らしい。

それに交通の便が良い。埼京線方面に乗れば、池袋・新宿・渋谷は1本だ。りんかい線直通に乗れば、お台場までも1本だ。湘南新宿ラインに乗れば、横浜方面も1本で行ける。宇都宮線・高崎線で上野までも早く行ける。京浜東北線で東京駅なども1本で行ける。少し歩けば南北線の駅もある。就職活動で多くの企業を回る際には、便利な場所である。交通のリスクマネジメントが可能なのだ。


赤羽から宇都宮線に乗って、上野まで。上野から常磐線に乗った。常磐線は初めてだ。悪名高き常磐線。千代田線に乗り入れる車両なんて、最悪だ。ドアの閉まり方が荒い。しかも汚い。電光掲示板ついていない。今回のは総武線と同じ感じで悪くはなかったが。

南千住のあたりも栄えていたな。近年、高層マンションの建設が盛んだから。日比谷線は勘弁だが。

北千住。駅はかなりデカイ。西口はペデストリアンデッキになっている。駅前だけダイナミックだ。




大きな地図で見る

ルミネと丸井がある。足立区なのに、デパートがある。(偏見か)
スーパーは一応ザ・プライスがある。イトーヨーカドーの安売り店舗。あとトポス。昔、実家の近くにあったが、ダイエー系のスーパー。商店街があり、そこそこ活気づいている。物価は安い。銀行や証券会社、TSUTAYAや青山など一通りそろっている。丸井の中には紀伊国屋書店や東急ハンズなども入っているから、買物には便利だろう。常磐線で隣の綾瀬も一体として考えたい。いや、都心への通学なら綾瀬の方が始発が多いし、良いかもしれない。イトーヨーカドーがあるし。綾瀬の隣、亀有にはArioがある。この辺りはスーパーが充実している。

北千住の交通としては、東武伊勢崎線。鬼怒川温泉や東武動物公園にも行ける。あとは、俺が乗る半蔵門線直通で、大手町など都心に出られる。渋谷も。日比谷線は起点。茅場町や六本木も1本で。千代田線は綾瀬から出ている。常磐線各駅停車にもなっているが。赤坂や霞が関、大手町も行ける。JRは常磐線。快速で上野まで。交通はかなり便利だ。ただ、ここに乗り入れる電車は結構汚い電車が多いのが難点だが。あと、駅が複雑なことかな。

北千住駅

そんな感じで、伊勢崎線急行、曳舟乗換で、例の東武亀戸線で帰ってきた。

その後、IPPEIさんとSkype。比較的短い長電話だったが、楽しかった!最近は、どうやら学生がカードを作ろうとしても、審査落ちするケースが多いみたいだ。早めに作っておいて良かった!


22時半、我々は食事に行くことにした。そうは言っても、この時間でやっている店はそう多くはない。錦糸町の牛角に行くことにした。牛角は初めてだが、社長の話を思い出し、思いついたのだ。

テルミナにあるのだが、ヨドバシのある1号館ではない。北口のレストラン街の2号館でもない。ウェストウィングだという。なかなか見つからなかったが、どうやらヨドバシの横にあるようだ。いかにもなアジアですよ、ここは。テレクラの看板がデカく出ているような歓楽街。例の丸井の裏ではないが。

焼肉屋は久し振りだ。それにしても、焼き肉店で食べる肉は最高だな!カルビだけど。カルビ大好きだから。あと、カルビ専用ご飯というのがあって、ご飯にタレと味付けのりがまぶされている。これが素晴らしかった。久し振りの焼肉も良いものだ。

さて、24時前に店を出ると、歓楽街は夜の街と化していた。キャッチがうるさい。しかも、危ない感じのオッサンが声を掛けてくる。驚いたのが、キャバ嬢らしきグループが、酔っぱらって大声を出して千鳥足。cunh氏はかなりビビっていた。「もう来たくない」とか言い始めた(笑)俺は慣れているけどね。ホームだから。いかにも、「アジア」だったね。

LIVIN前に停めておいた自転車に乗り、夜のサイクリングへ。

真っ直ぐ北へ行く。オリナスももう真っ暗だ。しばらくして、押上の交差点に着く。橋の方へ向かうと・・・あった!
東京スカイツリー!

完成したら634mになるが、今はもう既に3分の1が出来上がっていた。遠くから見るとそうでもないが、真下で見るとダイナミックだ!週末とかは観光客が来るようだが、今は平日の真夜中。もう日付をまたぐ所だ。誰もいない。多分、完成しても業平橋駅側は混むだろうが、川を挟んだ押上駅側はそうでもないのではないか。撮影したい人にはオススメのスポットである。そういえば、オリナスで買い物をしていても、てっぺんの機械が見えるようになった。地元住民として、下町にこういったものができるのは嬉しいね。自転車で行けるのはありがたい。終電を気にせず、夜のスカイツリーを見ることができるし。自転車は貸すから、いつでも声を掛けてくれ。

西へ向かい、隅田川を渡る。夜の隅田川。いいもんだね。黒い川がキラキラ光る。橋を渡ると、そこは浅草!夜の雷門。
雷門のちょうちん部分はもちろんライトアップされているが、奥に続く道が、光の道となっている。大変まぶしく、まるで天国まで続いているかのようだ。

もう銀座線も終電は終わっているだろう。人もほとんどいない。こんな時間に来れるのも地元住民の特権。夜の浅草ツアーもDavyまで。

さらに西に向かい、上野駅に着いた。ダイナミックだね!ただそんなに住みにくくもない印象だった。西の方に回り、上野公園の中に入る。もう午前1時。街灯もほとんどなく、暗闇の公園の中へ。ここがニューヨークのセントラルパークだったらクスリの密売でも行われているのだろうが、本当に誰もいなかった。ホームレスすら見つからない。そりゃ、こんなに暗けりゃ無理か。ガード下の方が明るいからな。今年も炊き出しが行われるのかな。そんな感じで、公園の中を走った。

御徒町方面に抜ける。松坂屋。更に南下し、秋葉原。ドンキが見える。ここは?AKB48劇場!!ついにここまで自転車で来た。そういえば、先週から5Fだかにショップができたんだっけ。今度行くか。できれば、公演にも行きたい。まゆゆ、待っててくれよ(笑)

西に向かう。御茶ノ水駅。聖橋、湯島聖堂を見ながら、御茶ノ水橋を渡る。しばらく走ると・・・明治大学駿河台キャンパス!ついに大学まで自転車で来てしまった!!

夜の大学もなかなか美しい。早く駿河台に行きたい。


交差点を左に曲がり、真っ直ぐ進めば、俺のマンション!だから、時間を測ってみた。帰りはまっすぐ進むだけ。途中マルエツにも寄ったのでその時間を差し引くと、約40分。う~ん、通えない距離ではない。しかし、和泉に行くよりは早いが、時間が掛かり過ぎる。せっかく総武線も並行していることだし、電車で通うのが賢明だと思った。できれば、目の前のバス停から「御茶ノ水駅行」があれば良いのだが(笑)

帰ってきたら、2時半。夜は寒い!暗い!だが、良かった。

こんな長距離サインクリングに付き合ってくれたcunh氏に心より御礼申し上げたい。ありがとう。

真夜中のサイクリングも良いもんだよ。女性は危ないから1人では止めた方が良いと思うが、度胸のある男は試してみたら?夜の錦糸町をいかに真っ直ぐ歩くかという挑戦も(笑)


真夜中に聴きたい曲といったらコレ!夜の東大寺の魅力も感じながらどうぞ!!

布袋寅泰「DANCING WITH THE MOONLIGHT」

テーマ : 大学生日記 - ジャンル : 日記

18:58  |  観光  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
2009.12.14(Mon)

『恩返し』という名の回帰

「一期一会」という言葉がある。一生に一度しかない出会いのこと。だからこそ、一時の出会いを大切にしなければならない。そういった意味で用いられることが多い。

生きている上でぶつかる事物のほとんどは一期一会かもしれない。しかし、なんだかんだ言って、結局は人は過去の記憶に回帰するものだと思う。

都市開発をやりたい。その思いを理論的に実証することは可能だ。だが、最終的な決定打はそれではない。幼少の頃遊んだトミカ。それで、街を作った。自分の理想的な街になるように、毎日家や店、道路の配置を変えた。トミカといっても、車だけが好きだったわけではない。「まちづくり」が楽しかったのだ。鉄道、司法、経営、金融と夢は変わっていったが、結局は幼少期の思い出に帰ってきた。

人は常に前に進みながらも、時には回帰線をたどる時がある。

人は過去の記憶から逃れられないかもしれない。


ちょうど昨年の今頃、俺は自転車事故を起こした。といっても、個人的に単に転倒しただけだが。だが、時期が悪かった。センター試験までまもなく1ヶ月になろうとしていた。そんな中での左手首の骨折。幸い、早期に回復したため大した支障はなかったが、生まれて初めて整形外科という所に通うことになった。

そして、翌月、保険金が支払われた。自分の保険ではない。父の自動車保険だった。特約で家族の移動中の事故を保障するものも入っていたようだ。これも、母が気付いて申請したからもらえたようなものだが。母は某大手保険会社に勤務している。名前を聞けば知っている人が多いであろう、近頃経営統合で話題になっている損保会社だ。しかし、驚いたのはその金額だ。「精神的苦痛」だかそういった項目で、多額の金が支払われたのだ。

改めて保険制度の凄さを知った出来事となった。資本主義の中で、いざという時にリスクを軽減してくれる制度。それも民間の競争の中で。市場原理主義者の俺にとって、衝撃的であった。


そんな過去の記憶を、俺はたどろうとしている。
そして、母と同じ業界に入ることになるかもしれない。


正直に言おう。保険のゼミに入ることになった。誕生日である土曜日に合格発表が出た。

ゼミHP


頑なにゼミを拒んでいた俺が、2次募集を受けた理由は3つ。

1、あまり他人がやらないことができそうな気がしたから。
保険を深く学べる所は少ない。大学によっては保険学が無い所もあるくらいだ。仮に学べても、教授がいない(兼任講師だけ)所が多い。そして、俺の大学だけを見ても、なかなか保険の道に進もうとする者はいない。皆、マーケティングや会計に進む。マイノリティーになれるという点で、保険を魅力に感じた。

2、保険は生きていく上でうまく利用すれば有利になるものだから。
損をすることが大嫌いな俺は、制度がそこにあれば自分流の解釈で上手く利用したいと考える。保険はうまく使えば、自分の身に降りかかるリスクを最小限にすることができる仕組みだ。それに、FPを勉強したからよくわかるが、保険は公的なものも民間のものも複雑である。加入者は、自分が付けた特約の内容を把握していない人が多い。つまり、最大限活用できていない状態である。クレジットカード・電子マネーを学んだ理由とも重なるが、とにかく俺は取れる得は全て自分のものにしたい人間だ。だからこそ、保険を詳しく勉強しようと思った。

3、教授の熱い思いに共感したから。
ガイダンスで、教授はなぜ商学部で保険学を学ぶことになったのか、なぜ明治大学商学部が素晴らしいのかを延々と語っておられた。保険制度の大切さについても熱く語っておられた。その情熱に感動して。今度28期目を迎える伝統あるこのゼミでお世話になろうと思ったのだ。


面接では、教授は「なぜこのエントリーシートの内容で落とされたのか、その要素は見当たらない」と高く評価して下さった。ゼミ生の質問も的確で、前回とは全く違っていた。これなら大丈夫だ!と安心した。

ちなみに、イベントが少ないのも魅力的だった。資格試験や自主的な勉強にも時間を費やしたいので、あまり束縛されるのは勘弁だった。あと、2年時は今現在、ゼミは火曜の2限という真昼間。飲みに行くなどできない時間。これも魅力的だった。しかし、何をやっているのかわからないゼミでも困る。就職の際に話せないし、それなら入る意味もない。そのバランスがちょうど良かった。

残念ながら、祝勝会には参加できなかったが、3月の初顔合わせがスタートだそうだ。ゼミも自分のスキルをアップさせる一要素として、最大限に活用していこうと思う。しかし、癒着はしない。あくまでも、個人としてのスキルを高めることに専念する。それでこそのDavyだと思うのだ。

事後報告になってしまって、申し訳ない。ただ、俺は嘘をつきたくなかった。決して迎合して2次募集のゼミを探したわけではないことは分かって欲しい。

Davyと言う名のヤドカリは新たな貝殻を見つけた。その貝殻が自分に見合ったもの、自分のサイズより大きなものであることを心より願っている。

保険への恩返しのつもりで、保険を学びたい。

布袋寅泰「VICIOUS BEAT CLASHERS」

テーマ : 大学生日記 - ジャンル : 日記

00:21  |  大学  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT