FC2ブログ

2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月



※このブログは2009年4月~2010年1月の記事です※


2010年2月より移設しました。


DavyStyle

http://davystyle.com/



こちらをご登録下さい。



2010.01.27(Wed)

嵐の中でも光はある

大学の試験期間も今日を残すのみとなった。しかし、気晴らしに、というか、長らく更新できない日々が続いたので、ニュース特集でもやってみるか。


S&P:日本の長期ソブリン格付け見通し「ネガティブ」に
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90900001&sid=aALMVSldCavk


Bloomberg からの初引用。投資情報といえば、ブルームバーグ。
この記事はつまり、民主党政権に市場は「ノー」を突き付けたというわけだ。まず、財政再建の見込みがない。極端なバラマキ。しかも、家計給付という効果の見えにくい形態に。公共事業で都市の再開発をするならともかく。かといって、家計が潤うわけでもなく、家庭によっては負担増となることもある。これでは、消費が増えるわけがない。亀井という訳のわからん大臣のせいで、財政再建計画がますます不透明に。そして、かなり強いデフレ。これでは、市場は日本国を信頼しなくても当然と言えるだろう。市場はおそらく、小泉・竹中体制が復活することを望んでいるはずだ。民主党政権も、市場の活力を最大限に引き出すような政策をとるべきである。


小沢氏を批判!「政治資金での不動産購入は不適切」前原国交相
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100126/stt1001261655005-n1.htm


ついに、前原さんが批判のコメントを出した!よくやった!と言いたい。
確かに、俺はvs検察という意味では、小沢さんを擁護している。しかし、それ以上に、堂々と実力者を批判した前原さんの勇気に敬意を表したい。前原さんも、将来、小沢さんのような芯のしっかりした政治家になりそうだ。もちろん、政策的には前原さんの方が数倍好きだし、正しいと思うが。

勇気を持って堂々と発言できる男はカッコイイ。前原さんならやってくれると思っていたが、やっぱりやったか!と思った。
こんな記事も出ている。


前原国交相、自民・町村氏に逆ギレ「さっきから聞いていたが…」
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100125/plc1001252028014-n1.htm


素晴らしい!よくぞ自民党の老害議員に物申した!町村なんか、比例復活なのに威張ってやがる。もう少し立場をわきまえろ!って話だ。

やっぱり、男たる者、きちんとケンカができる人間でなければならない。大臣だからと紳士ぶって口をつぐんでしまうようでは政治家失格である。しかし、前原さんは売られたケンカを買って、火に油を注いだ。カッコイイよ!最高だぜ!彼も生粋のロックンローラーだね。血を流す勇気のある革命の志士だ。


どう思う? Twitter議員の“国会中継”
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1001/26/news077.html


国会関連でもう1つ。この記事では、我が江東区選出の議員、柿沢さん(みんなの党)の話である。
みんなの党はネット関連が非常に先進的である。一度、公式サイトを見ていただきたい。

俺は賛成だね。国会中継を見ていても、質問者の話はよくわかるのだが、他の議員がどう思っているのかはわからない。それを思いついた瞬間にTwitterで発言をするというのは、非常に有意義だと思う。あれこれ意見はあるとは思うが、使えるものは全て使えば良い。これもその1つである。


ネットで全文無料公開の本「フリー」好調 有料版移行で収益 自身の理論“証 明”
http://sankei.jp.msn.com/culture/books/100126/bks1001260753001-n1.htm


フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略
(2009/11/21)
クリス・アンダーソン

商品詳細を見る


この本は俺も2週間前くらいに本屋で注目して立ち読みしたのだが、実に斬新で面白い!内容については記事を見て欲しいが、実に画期的な本である。というか、当たり前になりつつある内容をきちんと理論的に書いてくれてある本だ。俺も明日にでも買って読もうと思う。


最後に、昨年NHKでやった番組が文字で出ているものがあったので、ついでに。


アキバアイドルを「輸出」せよ!
世界初? アイドルの「フォーマット販売」は成功するか?
http://diamond.jp/series/tsuiseki/10024/

AKB48というコンテンツ、またはそのフォーマットを最大限に生かした商売についてだ。日本は素晴らしい知的財産をたくさん持っているにも関わらず、商売が下手である。そんな中でも海外にフォーマットを売り込もうとしている秋元康さんを追った番組。ぜひ、今後のビジネスを考える一助として読んでいただきたい。

そんなわけで、今回はここまで。



スポンサーサイト



テーマ : 大学生日記 - ジャンル : 日記

01:33  |  ニュース  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
2010.01.06(Wed)

歌詞違い?いやいや、お門違いだ。

2010年という実感がまだない。何となく2010年という響きが近未来を予感させる。年代が変わるということは、かなり大きいことだ。まだ2回しか経験していないが。

昨年の紅白にサプライズゲストとして、矢沢永吉さんが出演した。「時間よ止まれ」「コバルトの空」の2曲を熱唱された。






矢沢さんが紅白に出られるという情報は、実は事前に掴んでいた。半信半疑ではあったが、今年還暦だし、サプライズならあり得るだろうと思っていた。

もちろん、嬉しかったさ。でも、じゃ、毎年出演して欲しいか、布袋さんとかにも出演して欲しいかと言われたら、それは違う。こういう大衆が見る場面に出ないのが、ロック魂(Rock Spirit)というものだ。それは、ポップとロックの1番の違いだ。大衆迎合しないという所。尾崎だって、テレビで歌ったことはおそらく1回だけだったはず。フジテレビで太陽の破片を歌った時。だから、テレビに出るから良いとか、出ないから人気がないとか、そういう事を言うヤツはロック魂をわかっていない証拠。1から出直してこい!って話だ。

それを考えると、ワイドショーもわかっていない。

実は、矢沢さんが紅白に出た時、時間よ止まれの歌詞を原曲とは違った形で歌っていた。NHKも困ったのか、後半からは歌詞のテロップを消した。それを、ワイドショーは「矢沢さんが歌詞を間違えた」とか「歌詞を忘れた」とか言っている。



もちろん、この番組だけではない。各局のワイドショー、スポーツ新聞が同じようなことを言っている。


全くもって、その指摘はお門違い。ロック魂の無さも甚だしい。

テストじゃないのよ、ロックショーは。暗記テストじゃない。1回1回魂でそのステージを魅せるというのがロックのスタイル。昨日のステージと今日のステージは違ったものでなくてはいけない。曲を披露することが目的ではない。魂のぶつかり合いを魅せるのが、ロックのライブというものだ。布袋さんのコンサートでも、ツアー初日と最終日は、同じ曲をやっていても全く違う。ギターソロも全く違う。

布袋さんで言えば、「Fly Into Your Dream」が最もわかりやすい。この曲は長い。歌詞は短いが。この曲は、前半が歌詞があり、後半がギターソロだ。このギターソロは、毎回違う。

1994年東大寺のイベントにて。


2009年忌野清志郎さんの追悼として、ツアー中に弾いたバージョン。



同じ曲でも全く違う。2度と同じステージはやらない。それがロックというものだ。

多くの人たちは、ロック魂を持っていない。だから、このスタイルがわからないだろう。もしかしたら、俺のブログを読んでくれている人でも、わからない人は多いのかもしれない。そりゃ、そうだ。万人受けした地点で、ロックの魅力は消え失せる。アンダーグラウンドでレジスタンスを叫ぶことこそ、真のロック魂と言えるだろう。そう考えると、矢沢さんが紅白に出たことは、間違いだったかもしれない。もちろん、1回限りなら、それはそれで価値があるというものだが。毎年出るとなったら、俺は反対する。


自分で書いておきながらこう言ってしまってはお終いだが、結局、いくらロック魂を語った所で、皆さんにはわからないだろう。俺がロック魂を魅せれば魅せるほど、皆さんの思想とは乖離していく。俺が嫌われたり、誤解されたりするのは、俺自身が大衆迎合を最も嫌うからであろう。俺だけが納得すれば良い。君にはわからないよ。これこそが、俺スタイルの根幹となるものだと思う。

でも、もし理解してくれる人がいるとすれば・・・そいつを大事にしていけば良い。精一杯、スピリットを伝えていけば良い。

このブログがもし何万アクセスも来るようになったら、その時は俺は潔くブログをやめるだろう。

いつまでも、俺自身が、俺のヒーローでありますように。


今回、矢沢さんは、俺にそう伝えたかったのかもしれない。


テーマ : 大学生日記 - ジャンル : 日記

09:54  |  ニュース  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.12.27(Sun)

喜びと悲しみ

まず、喜びから。

モバイルSuicaがオートチャージ対応 3月から
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0912/22/news097.html


JR資料
http://www.jreast.co.jp/press/2009/20091218.pdf


やっとか!という思い。3,4日前にこの事を知ったが、嬉しかったね。WAONにできてSuicaにできないことはないだろ!という思いだった。WAONは相当便利だからね。俺はイオンカードを持っているからできるんだけど。3000円未満になると勝手にチャージされるからね。オートチャージは特におさいふケータイユーザーは必須だろ。本当なら、ポストペイ型にして欲しいくらいだ。

Suica使用の頻度は高いからね。俺みたいにJR駅の近くに住んでいると特に。明治大学なら特に(笑)

しかもTOICAにも電子マネー機能が加わるらしいから、静岡に帰ってきても使える。静岡駅構内では。


あとはEdyだね。Edyも使用頻度はかなり高いから、これも一刻も早くオートチャージにしてくれないと困る!チャージが面倒だ。

吉野家もすき家もオリナスも、全て電子マネーにしてくれれば、これほどありがたいことはない。ハッキリ言って、ゆくゆくは現金を廃止すべきとすら考える。特に紙幣。老朽化で破れてしまうこともある。銀行に行けば変えてくれるだろうが、そんな不安定なものをいつまでも使用しているのはいかがなものか。

とはいえ、やっぱり現金は必要だ。しかし、商店を営む際には、必ず電子マネーとクレジットカードの端末を設置するよう、国で義務付けるべきだ。交通機関も同じ。

とりあえず、一刻も早くVIEWカードを作った方が良い。もちろんiiマークがあれば良い。年会費を掛けたくないなら、イオンにするか、銀行のキャッシュカードとの兼用カードにすると良い。みずほでも三菱UFJでも三井住友でも。ちなみに、どこで作ってもEdyチャージにも対応している。QUICPayも付けたければ、みずほがいい。

ただし!

みずほは18歳からOKだが、三菱と三井は20歳以上という制限がある。それと、三井は年会費がかかる。要注意!



では、悲しみの方。

テレ朝の長寿番組「サンプロ」、来年3月終了
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091225-OYT1T00923.htm


なぜ、あれだけのクォリティの高い番組を潰すのか!悲しいね。
政治家も恐れる番組だ。「本人」が出演し、田原さんが痛い所をつく痛快な番組だ。ジャーナリストのレベルも高い。日曜討論のようにゆったり議論をしてはいられない。

テレビ朝日、というか朝日系列にしては珍しく、左翼的な面が少なく、バランスのとれた番組だ。毎週楽しみにしていたし、政経で全国トップクラスまで上り詰めることができたのは、サンプロのおかげだ。

どうも、経費節減のために、自社アナウンサーを採用するために、番組を潰すらしい。

本当に悲しい始末だ。絶対に次の番組はコケると確信する。

自社アナウンサーを使いたいなら、サンプロではなく、報道ステーションに手を付けるべき。古館をやめさせるべき。

元日は朝まで生テレビだ。それを楽しみにしたい。


テーマ : 大学生日記 - ジャンル : 日記

00:58  |  ニュース  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.12.15(Tue)

くたばれ、イーバンク!!

今年の9月にこんな記事を書いた。

イーバンク銀行の改悪は最悪!
http://dailydavy.blog56.fc2.com/blog-entry-114.html


イーバンク銀行の改悪である。「いい加減にしろ!」と怒鳴ったこの出来事。同じくイーバンクの利用者であるIPPEIさんもこのことには憤慨した。

そして、今日、こんなメールがきた。



1.イーバンクマネーカード(クラシック)のVisaデビット機能終了について

 (1)2010年4月1日以降、Visaデビット機能(※1)をご利用いただけなく
    なります。
 (2)2010年2月22日以降、新規および再発行の申込ができなくなります。

 (重要)キャッシュカード機能は、2010年4月1日以降も引き続き、
     カードに記載の有効期限の間、ご利用いただけます。

 (重要)イーバンクマネーカード(ゴールド)、イーバンクマネーカード
     (クラシックプレミアム)は、引き続きVisaデビット機能を
     ご利用いただけます。


イーバンクマネーカード(クラシック)をお持ちのお客さまで、2010年4月1日
以降も引き続き、Visaデビット機能の利用をご希望のお客さまは、こちらから
お申込をお願いいたします。
http://www.ebank.co.jp/p_layer/rd/mm/2009/1215/14.html



高校の時に愛用していたVISAデビットが使えなくなるそうだ。今はクレジットカードが何枚もあるから使ってはいないが、クレジットカードが使えない高校生にとっては貴重なアイテムであった。それが無くなるという。

しかも、無くなるのはクラシックだけ。つまり、年会費無料のキャッシュカードのみ使えなくなるという。クラシックカードでもプレミアム(年会費1000円)にすれば使えるという。

VISAに払う手数料の関係か何かわからないけど、やっぱり楽天が買収してからおかしくなった。利益第一主義になって、顧客の扱いがひどくなった。楽天は何でもそう。自分たちの利益を向上させることだけを考えている。顧客なんかどうでも良いのだ。

ソフトバンクモバイルを見習え!いくら自分たちの財務状況が悪化しようが、身を削ってでも、顧客の利益に貢献しようとしている。料金の値下げを勇気を持って行う。IPPEIさんに言わせれば、設備投資ができていないとかヤフオクで機体が買えないとか問題はあるようであるが、俺はそんなものは求めていない。ソフトバンク同士は基本的に通話料を取らないし、サービスは革新的。Yahooとの連携も良い。パケット代をもっと減額してくれればもっと良いが。その点はウィルコムに負けてるな。それでも、ソフトバンクに押されしぶしぶ値下げに踏み切った、「天下り」2社とは大違い。孫正義は素晴らしい!


携帯の話はどうでも良い。イーバンクに戻そう。

つまり、これは、年会費無料のクラシックの人間を年会費がかかるプレミアムをつけさせようという楽天の陰謀。

「三木谷の生活が第一。」

楽天社内にはこんなポスターが貼ってあるのだろうか?先日、何も問題がない友人が楽天カードの審査に落ちたようだし。

つまり、楽天はキャンペーンだけ大々的に打っておいて人を集め、利用額が少ないと見込まれる学生は除外するという事だ。やっと謎が解けた。
でなければ、イーバンクのATM手数料無料回数が、預金残高に応じて変わるように改悪されるわけがない。これは楽天になってからだ。

もし、ライブドア(当時はエッジ)が買ったままだったら、こんなことになっただろうか?おそらくなるはずがない。

楽天は泥棒だ。ライブドアフェニックスが決まっていた仙台に乱入し、オーナー会議に媚売って、権利を横取りしていく。年寄り経営者は堀江批判はしても、三木谷批判はしないだろう?それは、三木谷が老人クラブにペコペコ頭を下げて、媚売ってるからだ。ベンチャー企業として失格だ。俺はあの時から三木谷が嫌いなのだ。さすが、第一勧銀出身だ。世の中がよくわかっているじゃないか(皮肉)

いや、三木谷がいたのは、「第一勧銀」ではなく、「営利第一」勧銀だったのかな?(笑)

営利目的丸出し企業のせいで、俺は銀行口座を1つ失うことになった。完全に愛想が尽きた。さっき、預金を全てソニー銀行に移した。本当はそのまま引き出したかったが、解約するにも「本人他銀行口座への振込が必要なので、振込手数料がかかる」そうなので、癪に障るので全てソニーに移した。もちろん、振込手数料を払ってね。あんな銀行に預けていたら、いつ自分の資産が無くなるかわからないから、早めに引き上げておこうと思ってね。

ぼったくり銀行、営利目的第一企業とはもうさらばだ。くたばれ、イーバンク!


年明けには住信SBI銀行に口座を作る。ATM手数料原則無料、振込手数料月3回まで無料で、SBIカード、SBI証券との連携も良い銀行にね。金利も高い銀行に。

こうやって自分の身を削ってでも顧客のためにサービスを向上させようとする企業には涙が出る思いだ。手数料が高いのに、わざわざクレジットカード端末や電子マネー端末を置いてくれている店にも同じ思いだ。本当に、心から「ありがとう」と言いたくなる。俺が、現金だけしか使えない店をなかなか利用しないというのは、こういうことだ。

いかにお客様のことを考えるか。そんな男気を感じると、自然とその店に金を落としたくなるもんだよ。たかがバイトで、給料以上のパフォーマンスをあげようと頑張ったのも同じこと。


俺は良い。ただ、気掛かりなのが、今後の高校生。もうVISAデビットを無料で使えるのは、「スルガ銀行」だけ。

http://www.surugabank.co.jp/surugabank/kojin/service/benri/ic_card/


このスルガ銀行というのもなかなかAVANT-GARDEで、色々提携したサービスがある。自分に合った支店を選んで使えば良い。

http://www.surugabank.co.jp/surugabank/kojin/internet/

スルガ銀行は静岡の銀行だが、こういったインターネット支店ならそんなの関係ない。全国どこにいても同じだ。

高校生で純粋にVISAデビットだけを使いたいなら、ここが良いだろう。

http://www.surugabank.co.jp/my/

だが、俺がオススメするのはANA支店だ。

http://www.surugabank.co.jp/ana/

高校生ならおさいふケータイのEdyを使うのは厳しいだろう。クレジットチャージが使えないだろうし。チャージャーもそんなにたくさんはない。それなら、ANAにEdyがついたこのカードが良いだろう。



ちなみに、今日本屋でこんな本を見つけた。

クレジットカード&電子マネーポイント活用ガイド (LOCUS MOOK)クレジットカード&電子マネーポイント活用ガイド (LOCUS MOOK)
(2009/12/04)
不明

商品詳細を見る


最近発売された本なので、最新情報が満載だ。クレジットカードや電子マネーについて基本から解説してある。表紙にも書かれているが、「キャッシュで払ったら大損です!」これを言いたいね。

俺も読んでもう1度勉強しようと思う。


テーマ : 大学生日記 - ジャンル : 日記

18:00  |  ニュース  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.10.27(Tue)

郵政国営化

民主党政権になって、彼らは次々と改革を打ち出してきた。その中には賛成できるものも少なくはない。せっかく「非自民」の政権になったのだから、「非自民」でしかできない改革をやってもらいたいと思う。前原大臣は頑張っている。評価できる。色々モメているが、彼の方向性は間違っていない。なかなか悪くない政権だとは思う。


しかし、これだけはどうしても許せない。高速道路無料化も許せないが、これは断固として許すことはできない。

郵政民営化の見直し、郵政国営化だ。

戦後で最も愚かな大臣、亀井静香の意向である。
最も大臣にしてはいけない人物、亀井静香。
ホリエモンを落とすという愚かな決断をした広島6区の有権者によって選ばれた、亀井静香。
義理と見せかけの人情と、癒着・しがらみがモットーの亀井静香。


少しはおとなしくしてくれるかと思いきや、事態は悪い方向へと進展していく。

日本郵政の西川善文社長を辞任に追い込み、元官僚の斎藤次郎氏を新社長に就任させる。

そして、今日、こんな記事が出た。
郵政役員、過半退任促す 政府、後任に旧郵政省OBら
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20091027AT3S2602826102009.html


今の楽天イーグルスと同じ状況である。監督であるノムさんの首を切り、周りのコーチたちも退陣させ、野村イズムを完全に排除する。今回の郵政も同じこと。しかも、後任は官僚、官僚、官僚。
「脱官僚」は1ヶ月で終了ですか?民主党さん。
「官僚主導政治からの脱却」は選挙用のキャンペーンですか?

亀井人事、経済界と距離 郵政社長に斎藤元大蔵次官
http://www.nikkei.co.jp/sp2/nt47/20091021AS1C2100F21102009.html


亀井の独断専行。原口総務大臣にも鳩山総理大臣にも告げられず。「官僚主導」から「亀井主導」へ。


西川郵政社長が辞任表明 経営路線「政府と隔たり」
http://www.nikkei.co.jp/sp2/nt47/20091020AS3S2002G20102009.html


そりゃ、そうだろう。今回の件は民主党だけの問題ではない。小泉・竹中撤退後、政府は郵政改革の邪魔ばかりしてきた。だから、未だに資金を国債購入にしか当てられない。政府による郵政イジメ。政府による西川社長イジメ。露骨なイジメ。鳩山(弟)元総務相も頭がおかしい。「郵政民営化に反対だった」とか訳のわからんことをいう前首相も愚かであった。「改革を、止めるな。」で大勝したはずが、「改革を止めた」のは自分たち自民党の一部。野党もグルになって。皆で郵政イジメ。中途半端な改革になるわけだ。


各新聞の社説も今回は正しいことを書いている。

元次官に郵政託す「脱官僚」(10/22)
http://www.nikkei.co.jp/news/shasetsu/20091021AS1K2100421102009.html

これは郵政改革の撤回ではないか(10/21)
http://www.nikkei.co.jp/news/shasetsu/20091020AS1K2000620102009.html


この記事に素晴らしいことが書いてある。
『多くの疑問が残る。全国規模で丁寧なサービスを展開すれば事業コストが膨らむ。そのコストはだれに負担させるのか。ゆうちょ銀行とかんぽ生命がそれぞれ民営会社として独立して経営するのをあきらめさせると読めるが、せっかく効率を上げ始めたのを後戻りさせないか。』

『宿泊施設「かんぽの宿」の売却が不適切だったという声は前政権下で自民党からも出ていたが、総務省などの調査では明らかな不正は出なかった。民主党や国民新党も新事実を示していない。民間人に経営を委嘱しておきながら、いじめに近い仕打ちをし、果ては方針転換を理由に辞任を迫るのでは今後、民間人が進んで来てくれるだろうか。それも含め考えれば政府の「改革見直し」は郵政改革の撤回と同義と見なさざるを得ない。』


郵政新社長―民から官へ、逆流ですか
http://www.asahi.com/paper/editorial20091022.html#Edit1


あの朝日新聞ですら、こう書いている。俺は普段、日経新聞の記事を多用するが、これだけは朝日より。


雑誌・ダイヤモンドでも書かれている。

経営トップも「民」から「官」へ “脱小泉”で混迷深める日本郵政
http://diamond.jp/series/inside_e/09_10_31_001/


竹中平蔵さんの秘書を務めた岸博幸氏もこう語る。

前原国交相の正しい暴走と亀井郵政・金融担当相の勘違い暴走
http://member.diamond.jp/series/kishi/10061/



法律・制度を無視した亀井の愚行。鳩山総理は一刻も早く更迭すべきである。それができないようならば、今後の鳩山内閣のガバナンスに疑問を持たれても仕方がない。自民党も一刻も早く亀井大臣の不信任案を出すべきだ。たとえ否決されたとしても、多くの国民は支持するだろう。自民党自体を支持しなかったとしても。


先日のサンデープロジェクトでは、郵政民営化を担当された竹中平蔵さんと大塚耕平副大臣が討論している。いかに、今回のことが間違っているか、この映像を見ればわかるだろう。竹中先生の正しさがハッキリとわかるだろう。俺が語るより説得力があるので、ぜひ見てもらいたい。













この映像の中で、竹中先生が簡易郵便局の数についてのデータを出された。


一部マスコミや国民新党をはじめとする一部の議員が、「民営化でサービスが低下している。過疎地の郵便局はどんどん無くなっている。」と騒いでいるが、これは真っ赤な大ウソだ。

全国の郵便局の数を調べてみた。総務省・郵便局のサイトより。


郵政選挙があったのは2005年。郵政民営化がスタートしたのは2007年。急激な減少が見られるだろうか?2001年から徐々に減っているだけで、急激な減りは見られないだろう。むしろ、民営化の方が減少していないだろう。数はとどまっている。2001年からのわずかな減少については、郵便事業の取扱が減少していることや、高齢者が運営する簡易郵便局が高齢・後継者不足を機に閉鎖するくらいだろう。

それに、郵便局側も過疎地域についてはしっかり対策を講じている。

移動郵便局「ポスクル」
http://www.jp-network.japanpost.jp/notification/storeservices/index.html


郵便局の出張サービス
http://www.jp-network.japanpost.jp/notification/storeservices/index02.html



地域によっては、完全でないかもしれない。しかし、マイナス面とプラス面で比べれば、明らかに民営化によるプラス面の方が多いのではないか。

民間の銀行への振込ができなかった金融機関なんてどうだろう?役所のような態度をしている郵便局員はどうだろう?これでも、まだ「国営時代の方が良かった」なんて言えるのか?

亀井をはじめとする国民新党は、利権を守りたいとしか言いようがない。特定郵便局長会の利権。闇の財投に資金が流れているという利権。密室で議事録の公開も無く、指名委員会の手続きも経ないまま次期社長を「政府が」勝手に決めるという旧来の政治。

郵政民営化見直しを主張する国民新党は、今年の総選挙で、5議席→3議席と議席を減らした。それも、代表と幹事長が落選した。そんな大敗した政党の言う事をなぜ聞く必要がある?

2005年の総選挙。郵政民営化に賛成か。反対かで争った。結果は、自公合わせて300議席を超えるという大勝。国民は、郵政民営化を支持した。


これでも、あなたは、「郵政国営化」を支持しますか?



郵政国営化とは関係ないのだが、大学生の中には「ゆうちょ銀行」をメインバンクにしている人が多い。全国にネットワークを持ち、ATM設置も多いから、分からないでもない。だが、最近は駅やコンビニにもATMは設置されている。そういった様々なATMを利用できる口座に変えるべきではないか。

あと、「ゆうちょ銀行」だけまだまだ特殊な部分が残っていて、色々不便なことがある。理想は、メガバンク1つ、ネットバンク1つ持つのがいい。俺は3大メガバンクは全て。ネットバンクは2つ持っている。ゆうちょもあるが。色々お金のやり取りは今後増えると思うので、フレキシブルに対応できるような態勢にしておくことをオススメしたい。


とにかく、亀井の辞職&国民新党の解散を願うばかりだ。


テーマ : 大学生日記 - ジャンル : 日記

20:08  |  ニュース  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)  |  EDIT  |  Top↑
2009.09.19(Sat)

静香ちゃんは黙ってて!

どうも、Davyです。珍しく変なタイトルです。

この「静香ちゃん」というのは、もちろん、あの源静香ちゃんだ。ドラえもんの・・・・


ではない!

亀井静香だ。国民新党代表、広島6区選出の。
和泉元彌のオカンにそっくりのあの人。船場吉兆のおかみといっても良いか。

今回、亀井氏は郵政・金融担当相になった。俺は、この情報を耳にした時、思わず笑ってしまった。「鳩山よ、どこまで日本をダメにする気なんだ?」って。

こんな思い込みの激しいド素人を金融担当にするなど、ミスキャスティングも甚だしい。そして、郵政民営化見直し?ふざけるな!すぐにでも下野することを強く薦める。


亀井氏が金融相になってとてつもない不安を抱いているのは俺だけではないだろう。
「亀井不況」が発生するのを危惧しているのは俺だけではないだろう。


新政権で金融株激震 亀井など閣僚発言が波乱要因
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/090918/fnc0909182222041-n1.htm


>亀井金融相が主張しているのが、中小・零細企業支援のために、金融機関に対する債務の返済を3年間猶予するモラトリアム法の実現だ。この構想が伝わると、金融機関の利息収入が激減するとの連想から、政権が発足した16日から銀行株が売り込まれた。

平成の徳政令とまではいかないものの、彼の発言を聞いていると、いかにも金融界が悪いことをしているかのような言い方をしている。本当に呆れるばかりだ。で、モラトリアム法?金融機関を潰す気か!

貸し渋り・貸しはがしが中小企業にとって厳しいのはわかる。しかし、金融機関も意地悪してやっているのではない。生き残るためには仕方がない。デフォルトされたら、不良債権が増える。不良債権が増えたら大変だ。竹中さんがこれを処理するのにどれだけ苦労されたことか。

中小企業を救うなら、もっと他の方法がある。暫定的に法人税を免除するとか、金融機関に適切に公的資金を注入するとか。規制緩和をするのも良い。企業活動を活発にさせることが、景気回復への第一歩なのだ。それを忘れてはいけない。失われた10年の再来など、言語道断である。


亀井金融相迫る 返済猶予法案、反発よそに成立構え
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090918-00000061-san-bus_all


なんだい、「反省が足らない」って。誰が反省するんだ?
お前が反省しやがれ!


藤井財務相、返済猶予「聞いていない」 亀井氏と温度差
http://www.asahi.com/politics/update/0918/TKY200909180168.html?ref=any


藤井さんにまで「昭和初期」と言われている。記者会見では見せないだろうが、おそらく裏では失笑しているはずだ。亀井氏には、もう1度高校から政経の勉強をやり直すことを強く薦める。


社説1 亀井さん、冷静に企業金融支援を考えて(9/18)
http://www.nikkei.co.jp/news/shasetsu/20090917AS1K1700217092009.html


いや、冷静に考えた所で、彼の頭脳からは社会主義的発想しか生まれないだろう。「古い自民党」の象徴であり、実に恥ずかしい存在である。彼を当選させた広島6区の住民は何を考えているのだろうか?


そして、郵政民営化の見直し。こんなものは必要ない。

原口総務相が郵政3社再編案 亀井担当相「私が決める」
http://www.asahi.com/politics/update/0918/TKY200909180117.html?ref=any


しかも、早速もめてるし。

まず、西川社長に辞任を促すような発言は、政府の人間としては慎むべきである。もう、民間会社である。民間企業に政府が口を出すのは、社会主義国家のやることだ。政府は民間に介入しないのが原則だ。これについては、原口氏も頭を冷やすべきである。

そして、分社化について。4分社化で何が悪い?そもそも、最もすっきりした事業の分け方ではないか。百歩譲って、原口氏の言うような3分社化でも良いとしよう。しかし、亀井氏の言うような話は愚かである。


郵政見直し 「形態論」先行に批判も
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/090918/biz0909182255023-n1.htm


社説1 時計の針戻す亀井郵政・金融相の起用(9/16)
http://www.nikkei.co.jp/news/shasetsu/20090915AS1K1500415092009.html


本当に「古い自民党」に戻るだけである。しかし、この社説もおかしい。「サービスの低下」とは何?郵便貯金を他の銀行に振り込めない方が、よっぽどサービスが悪いのではないか?これのせいで、俺の母親は900万もの現金を紙袋に入れて、手で運んでくる羽目になったのだ。民営化して良かった。


そもそも、2005年の総選挙では、大多数の国民が郵政民営化に賛成したのだ。今回の選挙で民主党が勝ったのは「政権交代」が求められていただけであり、「郵政民営化見直し」は求められていない。その証拠に、「郵政民営化見直し」を主張する国民新党は、5議席を3議席に減らしているのだ。綿貫前代表、亀井久興前幹事長は落選しているのだ。これこそ、郵政民営化大賛成の確固たる証拠である。

安倍晋三さんの唯一の失敗で、俺が批判する点は、郵政民営化における造反議員を復党させたことである。国民は「郵政民営化賛成」の自民党に一票を投じたのである。それなのに、造反議員を復党させるとは、国民を裏切るものである。詐欺行為と言っても良いだろう。ここから自民党がおかしくなった気がする。改革意欲が減退して行った。


自民党の総裁選は、俺は河野太郎氏を支援する。

本当は小野寺五典氏を支援したかった。しかし、急遽、出馬を断念してしまったのだ。

河野氏は、NHKの番組でも「構造改革が十分に進められなかった」という反省の弁を述べている。決して「行き過ぎた市場原理主義」とか「小泉構造改革による痛み」という言葉は使用していない。構造改革を進めていく意志があるものと評価できる。臓器移植法の時もよく頑張っていた。俺も河野氏のA案に賛成だった。だから、俺は河野氏を支援する。

増税一辺倒の派閥の領袖・谷垣氏や、無名の構造改革否定派・西村氏は支援しない。西村氏など、森喜朗氏が送りこんだようなものだ。若手・中堅を分裂させるために。

石破さんが谷垣支持に回ったのは残念だが、菅義偉さんが河野支持に回ってくれたことは心強い。もし、菅さんが出るといえば、迷わず俺は菅さんを支援した。神奈川2区で今回も勝利している。神奈川2区のメローには、ぜひ菅さんを支援していただきたいものである。


改革なくして成長なし。

成長なくして発展なし。

発展なくして幸福なし。

自民党が、「構造改革推進党」として再生することを心より期待している。


テーマ : 大学生日記 - ジャンル : 日記

12:30  |  ニュース  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.09.19(Sat)

イーバンク銀行の改悪は最悪!

どうも、Davyです。悪魔のささやきが俺のHeartBeatのリズムを狂わせそうだ。携帯の電話番号とアドレスは2つずつ持ちたい今日この頃であります(笑)

危険or意味ないとわかっていても、淡い期待を抱いてしまうのが何とも言えない憎らしい所。まぁ、そこは虎穴に入らずんば虎児を得ずということで。


17日のランキングが大学生部門で68位になっていてかなり驚いた!だいたい上位1%以内と言ったところ。モブログ効果かな?だから、これからは長い記事を書くよりも、1記事1トピックで小出しにしていくことにする。予約投稿で時間を散らせば、数日前と同じ効果が得られる。そんな計算をしたのであった。


さて、そんなくだらないオープニングトークはいいや。早速、本題に入ろう。

俺はイーバンク銀行に口座を持っている。自分の意思で初めて作った銀行口座。このキャッシュカードについている「VISAデビット」はクレジットカードと同じような働きをするので、高校時代には重宝したものだ。振込手数料も安く、「メルマネ」は手数料無しで、簡単にお金のやり取りができるから助かっていた。月2回ながらATMも無料だったので、ジャパンネットに比べて大変素晴らしいと思っていた。

しかし、そのイーバンク銀行がとてつもない改悪をしようとしている。最悪だ。

5月に来たメールと今回来たメールを読んで欲しい。


まず5月分。


<改定前>

■手数料
────────────────
セブン銀行・ゆうちょ銀行ATMでの入金 3万円以上 …  0円
                   3万円未満 … 210円(税込)
セブン銀行・ゆうちょ銀行ATMでの出金  一律  … 210円(税込)

■優遇条件
────────────────
保有カードに応じて、毎月所定回数無料となります。

  イーバンクマネーカード ゴールド       … 月間5回無料
              クラシックプレミアム … 月間3回無料
              クラシック      … 月間2回無料
  ネクストマネーカード       … 月間2回無料
  イーバンクカードOMC        … 月間3回無料
  イーバンクカードジョーヌ     … 月間3回無料
  イーバンクキャッシュカード(※1) … 月間1回無料

※1 競走馬キャッシュカード、競艇キャッシュカードを含みます。


<改定後>

■手数料
────────────────
セブン銀行ATMでの入金 3万円以上 …  0円
            3万円未満 … 210円(税込)
セブン銀行ATMでの出金  一律  … 210円(税込)

ゆうちょ銀行ATMでの入金 3万円以上 …  0円
             3万円未満 … 262円(税込)
ゆうちょ銀行ATMでの出金  一律  … 262円(税込)

  ┌───────────────────┐
  │ 3万円以上の入金は引き続き無料です   │
  └───────────────────┘

■優遇条件
────────────────
お預かり資産残高(※2)に応じて、毎月所定回数(※3)無料となります。
 
  お預かり資産残高 300万円以上 … 月間7回無料
           100万円以上 … 月間5回無料
           50万円以上 … 月間2回無料
           10万円以上 … 月間1回無料
           10万円未満 … 0回

※2 前月25日終了時点の円預金(普通・定期含む)および新型定期の残高と、
  外貨預金(普通・定期含む)および投資信託の合計残高で判定します。
  お預かり資産残高の確認方法はこちら▼
http://www.ebank.co.jp/p_layer/rd/mm/2009/0511/03.html

※3 入金と出金のためにATMをご利用された月間合計件数となります。
  但し、3万円以上の入金件数は、月間合計件数には含みません。


つまり、10万円未満しか預けていない俺にとっては、実質ATM手数料が有料になる。ふざけるな!と言った話である。


次に今回のメール。


         ┌─────────────┐
         │ 同行間振込手数料の改定  │
         └─────────────┘

<改定前(2010年1月31日まで)>

■手数料(税込)
────────────────
他のイーバンク口座への振込 … 0円
かんたん振込(メルマネ)  … 0円


<改定後(2010年2月1日より)>

■手数料(税込)
────────────────
他のイーバンク口座への振込 … 1件 50円(※5)
かんたん振込(メルマネ)  … 1件 50円(※5)

※5 「イーバンク銀行ハッピープログラム」への登録により、お取引内容に
  応じて上記ご利用手数料が最大10回/月無料になります。

詳細は下記URLにてご確認ください。▼
http://www.ebank.co.jp/p_layer/rd/mm/2009/0909/03.html


同行間ですら、振込手数料が有料である。実にバカげている。どうやら、イーバンクが楽天とくっついたかららしい。

確かに、イーバンクの経営が思わしくないことは以前から耳にしていた。それはわかる。しかし、こんなことをしていたら、ますます顧客を逃がすだけだ。ネット銀行に100万も預けるヤツがいるか?普通、ネット銀行というのは、ネット上での支払いや受け取りに必要だから使うということが多く、そんなに多額を扱うものではない。金利が一般の銀行よりも高いので、それで定期を組む人はいるかもしれないが。だとしても、それは定期預金なので、頻繁にATMを利用することはない。

要するに、これは実質の有料化・引き上げである。

こんなことをやる銀行に未来はない。

クレジットカードを5枚所有している今、もうイーバンクを続けている理由はない。他のネット銀行に変えることも検討したい。


ちなみに、俺が最も評価しているのは、ソニー銀行だ。コンビニだけではなく、ゆうちょや三井住友、三菱東京UFJで利用でき、ATM手数料も無料なのだ。引き出しは所定回数だが。本当に素晴らしいと思う。金利も高いし。だから、俺はソニー銀行を強く薦めたい。もちろん、俺も自己財産の3割程度は預けているが。

あとは、俺の場合は、みずほ銀行と三井住友銀行は、ATM手数料が無料である。時間外でもコンビニでも。クレジットカードを作ったからだ。そのようにして、俺はATM手数料を1度も払ったことはない。あんなものはバカげている。

三菱東京UFJに果敢に挑戦した、東京スター銀行の姿勢を見習ってもらいたいものである。



テーマ : 大学生日記 - ジャンル : 日記

00:30  |  ニュース  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑
2009.09.11(Fri)

9.11

今日、9月11日は歴史が大きく変わった日である。

2001年。この日にアメリカで同時多発テロが起きた。21世紀はここから始まったと言っても良いだろう。ここから全てが変わったのだ。

その4年後の2005年9月11日。郵政選挙で小泉自民党が圧勝した日である。まさに構造改革が勝利を収めた日である。当時は政治に無知だったが、かなり興奮したことを覚えている。


それから4年後が今日となる。2009年9月11日。

特に大きな衝撃はなかったが、4年前に比べ、確かに変わった。日本に夢も希望も無くなった。当時の俺たちは、こうなることはわかっていたのだろうか?

1週間くらいまともにブログが書けなくなるので、今日は思う存分、書いておこうではないか。


軽い話題から。

合格者、初の前年割れ 新司法試験
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/090910/trl0909101659013-n1.htm


新司法試験の合格率は、今回は27.6%。当初は「7割近くを予定している」はずだったのに、この有り様。明らかに詐欺である。高い金払ってロースクール行って、必死に2,3年勉強して、その中でも生き残った上で司法試験を受けてこの合格率。こんなに明らかな詐欺話が存在するのだろうか?

かといって、むやみに合格者を増やせば良いわけではない。司法試験制度が変わってから、法曹の数がどんどん増え続け、法律業界は需給ギャップに苦しんでいる。弁護士資格が、必ずしも儲かる職業ではなくなった。弁護士になっても、普通のサラリーマンより稼げない人も少なくない。

こうなることは3年前に予測できた。少なくとも、俺はそう思った。中3の時から法曹を目指してきたが、数年後に超過供給になり、せっかく苦労しても仕事が無いことは目に見えていた。だから、法学部志望を捨てたのだ。ちなみに、公認会計士も似たような状況になりつつあるらしい。苦労して頑張っている人には申し訳ないが、市場の動向や制度改革の方向を見極めないで固定観念だけで目指してしまうと、あとで大きな損失となる。


アマゾン、書籍の配送料無料に 購入額にかかわらず
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20090911AT2F1005A11092009.html


一般の本屋と同じように対応してくれるのはありがたい。素晴らしいと思う。


さて、政治の話に移ろう。


自民党:総裁選 「世代交代」狙うも若手存在感は低下気味
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090912k0000m010096000c.html


これには本当にイライラしている。せっかく「世代交代」を応援したいと思っているのに、やたらと会合ばかり開いて、誰も手を上げようとしない。こんなに恥ずかしい政党があるか!中堅・若手も文句ばかりは一人前に言うくせに、いざとなれば「俺がやってやるんじゃ、ボケ!」と立ちあがるヤツが誰もいない。これじゃ、来年の参院選も負けるに決まっている。

そんなになりたくないなら、俺に連絡しろ!参院選までくらいなら、俺がやってやろうじゃねぇか!!

だいたい、野党なんだから、失敗したって良いじゃないか?大事な事は、自分のキャリアに傷を付けないことではない。経験を積むことなんだ。自分の理念が、実際の政治に生かせるのかどうか。せっかくの野党の総裁。そういったことを試すには、最高の実験場ではないのか?まぁ、それを派閥の領袖にやられたら困るが、若い人が気合で突き進むことにはそんなに悪い反応は起きないだろう。

トップの立場は確かに辛い。根拠なき誹謗中傷があらゆる方面から浴びせられる。俺も経験したからわかる。でも、肝心なのは、そこで決して屈しないこと。謝罪はしないこと。「何じゃコラ!」と食ってかかる度胸を身に付けること。小沢一郎さんのことを皆悪く言うが、俺は彼の能力は素晴らしいと思う。政策には共感できないが。ああいった剛腕を持つ政治家にどんどん出てきて欲しい。国民を「お客様」だと捉えるようでは、政治なんかできない。国民と「勝負」するつもりでやって欲しい。


さて、一方の民主党。こんなスキャンダルが出てきた。

民主・田中氏、出会い系袋とじの過去が発覚
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090911/stt0909110645001-n1.htm


森喜朗元首相と戦った議員。ヌード映像発覚に続き、今度はこんな話題が出てきた。この前の姫井じゃないんだから・・・別にこんなスキャンダルにいちいち口を出すつもりはないけど、民主党ももう少しマシな候補者を立てられないものか?政権与党がこれじゃ、日本の品位が問われる。


国民新、「亀井総務相」を要求 民主新政権の閣僚人事調整続く
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20090911AT3K1001B10092009.html


これだけは、絶対に認めない!!郵政国営化につながりかねない。そんなことしたら、この国は滅びる。それに、総務大臣と言えば、地方分権を扱う大事な役職。こんなヤツに渡したら、地域主権型道州制の導入が遅れる。こんな人事は認めない。亀井氏は少子化担当相でもやっていてくれ。で、福島党首は、消費者担当大臣でもやっていてくれ。要職にはつくな。

あと、前原誠司さんについても気になる。一部では、国交相と言われているようだが、俺は防衛相の方がふさわしいと思う。前原さんならどこに就いてもふさわしいが。彼は、外交・安全保障のエキスパートだ。あの石破さんも認めるくらいである。例の高速道路無料化は前原さんは本心では反対しているはずである。だから、俺が全面的に称賛できる、防衛大臣として頑張ってもらいたい。

で、同じく反小沢の野田佳彦さんも気になるが、もちろん彼にも大臣をやってもらいたい気持ちはあるものの、前原さんと一緒に、反小沢グル―プで、民主党を出ていくという選択肢もあると思う。彼らには、みんなの党に行ってもらいたい。そうすれば、改革グループ支援者として、俺は全面的に民主党を叩き、みんなの党を応援できる。小沢氏に飼い殺しにされるくらいなら、離党すべきである。


郵政西川社長への辞任要求、総務相が民主代表に疑問
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20090911AT3S1100P11092009.html


当たり前だ。民間会社に政府が口出しするなど、社会主義国のやることである。ただでさえ、日本は「最も成功した社会主義国」と世界に言われているのだから、恥ずかしいと思うべきである。徹底した市場原理の尊重をし、世界一の資本主義国にすべきである。


「法的対応も」と東国原氏 補正予算執行停止で民主党をけん制
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090910/stt0909101458007-n1.htm


本当にその通りで、もし急に補正予算執行停止になれば、地方は混乱する。八ッ場ダムについても同じだ。あれはあんな中途半端で中止にしたら、それこそ民主党は税金の泥棒だ!こんな横暴を断じて許してはならない。国民はしっかり監視していくべきだ。



そして、どの党にも欠けていることがある。もちろん、民主党にもだ。
それは、成長戦略である。10年後、20年後、50年後の日本をどうして行きたいのか、どのように成長させるべきなのか、そのグランドデザインがちっとも示されない。目先のバラマキ政策だけで。

景気対策ももちろんするだろうが、それと同時に、出口戦略についても考えなくてはならない。また、出口戦略の時期についても検討していくべきだ。

財政再建も全く論じられることはない。この国は莫大な借金を抱えている。それをどう返済していくのか。

こんなに借金が膨らんでいるにも関わらず、どの政党もいかに金をバラまくかということしか考えていない。そうやって、俺たちの世代にツケを残していく。何だ?老人さえ助かれば良いのか?若者は重税国家の中で生きていけということか?こんな老人優遇の政策ばかり掲げて、本当にそれで良いと思っているのか?俺たちの世代には、投票権も与えないくせに。

しかも、俺らの世代の多くの連中は、その失政ぶりに何の疑問も怒りも持つことなく、無関心のまま生きている。18歳、19歳、20歳のヤツらのブログや日記で、政治に対する怒りを述べているものが、果たしてどれくらいあるのだろうか?これは、俺の友人も含めた批判である。投票権は放棄する、どこにも意見をぶつけない、そして現状を知ろうともしない。国民がこれじゃ、政治も腐敗するわ!危機意識が無さ過ぎる。

俺はこれでも、色々な所に意見を送ったりしている。首相官邸にも送ったし、某党の下部組織の人にも忠告した。やるだけのことはやっている。

まぁ、そのことは今はいいや。大事なのは、成長戦略と財政再建なんだから。

竹中平蔵さんがこんなことを語っている。映像で。


増税、官の無駄削減、成長による増収が1/3づつ貢献する形での財政再建を目指すべき
http://policywatch.jp/player/pw_player.swf?f=takenak090729c


まさにその通りで、どれかだけに偏ることはふさわしくない。できれば、成長による増収の割合が最も高いことが理想ではあるが、さすがにそれだけに頼ることは難しい。無駄を削減することはもちろん、増税からも逃げてはいけない。

増税に関しては、消費税ということになるだろうが、税率の格差をつけることには大反対だ。一律に上げるべきである。産業の種類によって、税制面で不平等があってはならない。その業界に「官製不況」を起こすもとになる。我々庶民も、増税から逃げてはならないのである。


最後に、財政再建をしなかったら、俺たちの世代にどれだけの負担がかかるのか、詳しく書かれたコラムがある。ぜひ読んでいただきたい。

“老人国家”に未来はあるのか ~若年世代にのしかかる負の遺産
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20090910/180352/



明日からパソコンが使えなくなる。今回の上京・神戸観光にはノートパソコンは持って行かない。だから、ブログもモブログ更新となるが、勘弁して頂きたい。申し訳ないです。

それでは、良い週末を!



布袋寅泰「命は燃やしつくすためのもの」



俺はこっちの東大寺バージョンの方が好きだけどな。なかなか良い曲だ。
http://www.youtube.com/watch?v=k-0EecqvENU




テーマ : 大学生日記 - ジャンル : 日記

22:41  |  ニュース  |  トラックバック(1)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.09.04(Fri)

やる気あんのか?

帰静中のDavyです。やっとバラバラだった家族が揃い、ホッとしている次第であります。

このDailyDavyですが、おかげさまで、9月3日のランキングでは見事上位5%に入ることができました。298位です。その反動が今日出ているのだが・・・皆様が読んで下さっているおかげであります。厚く御礼申し上げます。

だが、政界ではやる気のない出来事ばかりが噴出している。せっかくのチャンスを生かさない愚か者が永田町には多い。1つずつ叩いていこう。


まず、次期政権与党・民主党から。

権力の二重構造?「剛腕・小沢」に期待と警戒

これについては後ほど述べよう。ちなみに、官房長官になることになった平野博文氏は、俺が世論調査のバイトで担当させてもらった所である。地元の評判もかなり良くて、この人の当確は目に見えていた。相手が井脇ノブ子だから(笑)頑張ってもらいたい。


続いては野党・自民党。

自民・谷垣氏、総裁選出馬に含み

自民党に何が必要なのかわかっていないのではないか?若返り・刷新である。谷垣氏や与謝野氏のような財務官僚の言いなりになっているヤツに何ができる?これで、自民党が再生したと思わせることができるのだろうか?町村氏も出ようとしているが、こういった派閥の領袖が出ることが批判の一因でもあるということをいい加減気付くべきだ。石破氏ならまだ良いが、何か足りない。自民党が「これは変わるぞ!」と思わせる人物を出すべきではないか。

俺が良いなと思うのは、田村耕太郎参議院議員とかだな。政策が構造改革方向に行っていなければならないのである。麻生首相が記者会見で言っていたり、マニフェストに明記されていた、「行き過ぎた市場原理主義と決別」なんて言っているような人には自民党の総裁にはなって欲しくない。政治家もやめて欲しい。「バラマキ路線から決別」できる人にやってもらいたい。自民党は負けすぎたので、人材不足だが、前例に囚われず勇気を持った改革をしてもらいたいものである。


首相指名「白票で統一」…自民内に広がる

恥ずかしい。実に恥ずかしい。
デキの悪い子どもでも、テスト用紙には何かしら書いて提出する。白紙など非常に低レベルであり、政治家がやるとしたら、まさに「日本の恥」である。
麻生太郎と書くべきでないことはわかる。それは認めよう。で、総裁選も前倒しできない。だったら、投票用紙に自分の名前を書けば良い。総理になる覚悟で政治家になったんだろ?ならば、その決意を投票用紙に示せ!自分の名前を書け!!

白紙など、意見を持っていないことに等しい。そんな政治をするくらいなら、辞めてしまえ!!


公明党三役人事が内定 代表・山口氏、幹事長は井上氏、北側氏は来年参院選に出馬へ

公明党よ、お前もか。この予定調和。公明党に欠けているものが何だか、全く理解していないんだな!
もう、組織票頼みの時代は終わった。創価学会員もそんなに甘くはないぞ。特に若い世代は。無党派層を中心に公明党の魅力をアピールしないから、こういうことになる。自民党にとってはやりやすかっただろうけど。メディア戦略が全然できていない。自分たちにできないなら、電通にでも頼みなさい。サイバーエージェントにでも頼みなさい。こんな、偉い順に昇格していくような人事で、国民にアピールできると思っているのか!

こちらは参議院議員の方が人材が優れているな。谷合議員などフレッシュで良いじゃないか!遠山氏はハッキリ物を言う人だから結構良かったのだが、今回落選したから残念だ。創価学会がいつまでも助けてくれると思ったら、大間違いだ。彼らには利益は無いのだから。というより、彼らは庶民の団体である。要するに、「国民」と同義である。しっかりアピールしないと愛想尽かされる日も近い。無党派層の開拓に努めるべきだ。


権力の二重構造?「剛腕・小沢」に期待と警戒

出ました、日本のエース・小沢一郎!(笑)
細川政権の時のように、剛腕でめちゃくちゃにするのではないかと言われている。一方、鳩山氏は小沢氏の傀儡だと言われている。

しかし・・・俺は実はアナザーストーリーを考えている。全く根拠のない話であるということを念のためことわっておく。

鳩山さんが小沢さんを代表から降ろしたのではないかと思ったのだ。鳩山さんは自分が総理になるために、小沢代表を辞任させようとした。しかし、あの小沢さんだから「辞めて下さい」と言うわけにはいかない。そこで弟とグルになって検察の力を利用し、小沢さんの秘書を逮捕させた。そして、辞任しろという世論を喚起させた。なぜあのタイミングかといえば、もう民主党の勝ちは見えていたからだ。しかも、あと数ヶ月で絶対に選挙があるという所にきた。あんまり選挙近くにやると悪影響が出るため、安全な時期に行った。そして、小沢さんは辞任し、自分が代表に就任した。

しかし、それでは民主党に不利になるのは明らかだ。そこで、弟の力を利用した。小沢秘書逮捕のだいぶ前から、弟の総務相を騒がせた。自民党が素晴らしい対応をすることができないのはわかっている。だから、邦夫氏がああいったパフォーマンスをすることで、自民党の終焉を国民に見せたのだ。で、邦夫氏も総務相を辞任した。これで、いつでも民主党に移りやすくなった。

その結果、民主党は「鳩山代表」の下で大勝し、自民党である邦夫氏も当選できた。あとの問題は小沢氏だ。選挙に強い小沢氏が選挙担当で動いてくれたからこその勝利だ。来年の参院選でもその力をフルに活用したい。そこでも、ある程度の勝利を収めたとしたら・・・小沢氏が邪魔な存在になる。いつ自分を脅かすかわからない。そこで、来年の参院選後の数ヶ月くらい後に、小沢氏本人が逮捕されるように国策捜査をするのだ。そして、小沢氏はバッジを外すことになる。こうして、鳩山王国ができたとさ。



・・・こんな感じのストーリーを作ってみた。小沢氏の権力で動いているように見せかけて、実は小沢氏は利用されているだけだったという話。誰もこれを言う人がいないが、こういう可能性もゼロとは言い切れない。何しろ、あの鳩山一族だ。権力が無いわけがない。

もちろん、根拠なき想像上の話であり、非現実的な話ではある。だが、こういうストーリーを誰も言わずに、皆「小沢政権だ!」「小沢党だ!」と言っているのが、どうも危ない感じがして仕方がない。この物語の感想をぜひとも聞きたい次第である。


そんな感じで今日は終わる。良い週末を!

テーマ : 大学生日記 - ジャンル : 日記

23:22  |  ニュース  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.08.12(Wed)

CLASH

11日午前5時7分。静岡を激震が襲った。

俺はその時平和に寝ていた。突然、激しい揺れと共に、大きな物音がした。ただ事ではないと思い、身を守ろうとした。布団を頭にかぶるのがベストだが、夏のこの時期はあいにくタオルケット。仕方が無いので、枕で頭を押さえた。机は震え、上から物が降って来る。揺れはとても長く感じた。懸命に生きようとしていた。恐怖よりも責任感が勝っていた。

震動が収まると、すぐにNHKをつけた。こういう時には相当役に立つ。震度6弱と聞いた。家にいた母親の無事も確認できたので、「171」に電話した。しかし、「現在サービスは行われていない」とのこと。全くもって使えない。しかし、まだこの地点では電話は通じていた。

有事の際には、頭で考えて動くことはほとんどないことを、この時知った。俺は1Fで寝ていた犬の安否を確認しに行った。無事ではあったが、涙目であった。1Fは仏壇から物が大量に落ちてきていた。仏壇の前で寝ていたら、確実に死んでいただろう。ヘルメットを用意し、犬とともに俺の部屋に連れて行った。

そこに、IPPEIさんからメールが。こういう気遣いは心に染みる。本当に感動した。もちろん、災害時にむやみに連絡を取るのは好ましくないことはわかっている。しかし、有事の際にしっかり対応してくれる人こそ、本物だと思う。そういう意味では、俺も本物であったかと思うと少し嬉しい。能書きばかり言って、有事の際に適切な行動を取れない輩は数多く存在する。しかし、少なくとも俺は、あの時に最善の行動をとることができた。自分に感謝している。

しかし、感動に浸ってばかりもいられない。余震は度々訪れた。東海地震の恐怖が襲った。裏の鉄道は全く動かない。俺は、外の様子を確認した。隣の家は、瓦が落ちたと言う。

これから電話がパンクしそうなのは、目に見えていた。災害用伝言版もまだ使えなさそうだったから、とりあえずブログに無事を報告したのだ。今後、俺の近くで災害が起きた際にもこの方法を取るつもり。宜しく頼む。

それにしても、さすがは静岡だ。住民も行政も落ち着いて対応している。東海地震に対する備えがしっかりできているため、全国で最も対策が進んでいる県とも言われる。行政ミスも、静岡では無かっただろう。東京であったと言うが。川勝知事にとっても、就任1ヶ月でこんなことが起きるなんて想定してもいなかったと思うが、しっかりした対応で良かった。こんな時は行政が心強い。

新聞でも静岡の防災意識の高さは評価されている。

高い防災意識が奏功、避難も円滑…静岡


だから、最初の大きな揺れで死ななければ、生き延びることは可能だと考えている。東京でも静岡以上の対策をしてもらいたいと思う。

まだまだ余震は続くと思うので、警戒したい。



全然話は変わるが、結構皆さんmixiをやっているみたいで、俺も参入しようかなと思ってみたりもしている。批判しておきながらね(笑)IPPEIさんのおっしゃる通り、周囲でRSSが普及していないため、利便性を考えると、あちらでもこのブログと紐付けしてしまった方が良いかとも思われる。しかし、本名で入るには抵抗がある。文化的摩擦が若干あるかと思われるからだ。ただ、若年層の政治参加意識を高めるためには、こういった存在もあるべきではないかとも考える。非常に難しい判断である。

そろそろ80記事くらい行きそうだ。検索にもかなり引っ掛かるようになってきた。顧客拡大に踏み切ってみるのも悪くない。確かに、現状でもそこそこのアクセス数はある。数十人規模で見て下さっている。ただ、fqt時代に比べたら格段に低い。アクセス数至上主義でないが、やっぱり内容的には多くの人が理解して下されば嬉しいと思うし、今の若者の政治経済無関心の現状を見ていると、何とかしなければならないと考える。俺1人の力で大きく変わるとは思えない。しかし、俺がやらなければ何も変わらない。

俊さんにもらった言葉
「今やらずにいつできる?俺がやらずに誰がやる?」

俺のこの全能的思想は一種の病気だ。しかし、同時に一種の才能でもある。
総選挙までの期間限定でもやってみるか。

しばらく考えてみようと思う。

テーマ : 大学生日記 - ジャンル : 日記

00:53  |  ニュース  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT